2015年09月18日

あの少年


事をわきまえない日々の中には大学のキャンパスに入る。日は長いと短いが、短い。時にはあなたはもっと感嘆の長い時間が、ますます時間のときに、悔いのない。ただ君に殘して思い出の空間がますます小さくて、最後までしか緊縮平方寸サイズの箱の中に。後世に持ち越す点々を指してに描き出してあなたの1世荒涼にいくつかの安逸瞬間。

待キャンパスでの最後の夏休み期間、閑散の時間褥瘡の中でいつも探して探して。千尋の教室、久しぶりに屋台本筆をとって、あなたは真剣に勉強実はただ他人の目にはの顰に倣うだけ。自分は深い中、傍目八目だ。さもなくば、人生が何の生活必需品に脚色跡。

ちょうど、窓の外を一本、2本、本ざくろの木。一本のないぐらい。まだ覚えている家の中に二株木を飾った梨とザクロ、私に全体の少年時代に林立する想像の群れ。

窓の外のざくろの木、枝は繊細で、全体の幹ない弱い前腕。掛のザクロ臉部拉提論点は多くないが、背丈も半の拳のような大。拳のような大きいたとえと呼ぶに全体のザクロ木の上の王になった。

時には、いつかどこか、誰かに知り合い、感じはまた熟知。寝ぼけにうっかり間恍惚目じりのぼんやりした。と勘違いしている自分に乗ったタイムマシンを越えて過去があった半歩を踏み出すない自分が描いた牢域、自分を封じ。

ザクロの大半は、たいていは熟していない。真っ赤な殻の下に包針灸まれ靑白い籽粒、無臭が吸う。まるで君はぱさぱさして口を尖らせる噛む巴歳月の痕跡が出ない。は多くの人が、あるは一匹狼のどこを置いてあるのはどこの切三三五五むしる。どうせ殺到する、楽しからずや。有道はガンは過ぎて殘しただけで人は殘した葉だけ。



Posted by happyworld at 16:23│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
あの少年
    コメント(0)