QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
happyworld

2017年09月18日

らぬおおぶりの


イブ滅亡千年を祝う饗宴は想像を絶する豪華なものだった。ムナールの地では十年前から噂され、いよいよその日が近づくと、トゥラー、イラーネク、カダテロンはもとより、ムナールの全都市やその彼方の地から、馬や駱駝や象に乗って人びとが到来した。当日の夜には、大理石の城壁のまえに、貴顕の仮設建物や旅人の天幕がならび、湖畔一帯に浮かれ騒ぐ者たちの歌が響きわたった。宴会の広間では、王ナルギス=ヘイが征服地ナスの窖《あなぐら》からもたらされた古酒をきこしめして横たわり、祝宴にあずかる貴族やせわしく働く奴隷に取り巻かれていた。その饗宴では数多くの異国の珍味が食され、中海のナリエル諸島の孔雀、イムプランの遙かな丘陵の仔山羊、ブナジク砂漠の駱駝の踵《かかと》、キュダトリアの林の堅果や香辛料、ムタルの波に洗われた真珠をトゥラーの酢に溶かしたものがあった。饗宴にあずかる者すべての味覚にあわせ、ムナールきっての料理人たちが用意した調味料は数えきれないほどだった。しかしこれら美食のなかで最も珍重されたのは、湖で獲れた大魚であり、いずれ劣魚が、紅玉と金剛石を鏤《ちりば》めた黄金の大皿に載せて出された。
 王や貴族が宮殿内で饗宴を楽しみ、黄金の大皿を飾る魚料理をながめていたころ、他の者たちもそれぞれの場所で饗宴にあずかっていた。大神殿の塔では、神官たちが祝宴をし、城壁外の仮設建物では近隣都市の貴顕たちが楽しんでいた。そして凸状に膨らむ月からいくつもの影が湖にくだり、忌《いま》わしい緑の霧が湖から湧きあがって月にまで達し、命運つきたサルナスの塔や円蓋が、不気味な霧に包みこまれるのを最初に目にしたのは、大神官ナイ=カーであった。その後、塔にいた者や城壁の外にいた者は、湖水の上に奇怪な光を目にし、岸辺近くに高くそそりたつ灰色の岩アクリオンがほぼ水没しているのを見た。漠々とした恐怖が速やかにつのりゆくまま、イラーネクや遙かなロコルの貴顕たちは、仮設建物や天幕をたたませ、アイ河目指して出立したが、サルナスをひきあげる理由とて定かではなかった。
 やがて真夜中の刻限が近づいたころ、サルナスの青銅の城門のすべてがにわかに開き、狂乱した群衆がどっと繰り出して平原を黒ずませたので、サルナスを訪れていた貴顕や旅人も仰天してひとりのこらず逃げ出した。この群衆はことごとくその顔に、堪えがたい恐怖から生まれた狂気をまざまざとあらわし、聞き手が証を問えないほどの恐ろしい言葉を口走ったからである。恐怖のあまり半狂乱の目をした者たちが、王の宴会の広間で目にした光景を金切り声で叫びたてた。窓からのぞいてみれば、もはやナルギス=ヘイ王や貴族や奴隷の姿はなく、膨れあがった目、突き出した締まりのない唇、奇妙な形の耳をした、いいようもない緑色のものが、恐ろしげに跳ねまわり、妙な炎をはらむ紅玉と金剛石の鏤められた黄金の大皿を前脚でつかんでいたという。そして馬や駱駝や象に乗って、命運のつきた都サルナスから遁走した貴顕や旅人が、霧の立ち昇る湖をふりかえってみれば、灰色の岩アクリオンは完全に水中に没していた。
 ムナール全土とその隣接地すべてにわたって、サルナスから逃げ出した者たちの話が広まり、隊商がいくつも呪われた都とその貴金属を探したが、ついに見つからなかった。旅人がそこへ足を伸ばしたのは長い月日がたってからのことだが、そのときでさえ、あえて旅をおこなったのは、勇気と冒険心を備えた遙かなファロナの若者だけだった。ムナールの民とは縁もゆかりもない、黄色い髪と青い目をもつ雄々しい若者たちであった。事実、彼らはサルナスを目にするために湖まで行ったが、静穏に包まれた広大な湖そのものと、岸辺近くに高くそそりたつ灰色の岩アクリオンを見いだしたものの、世界の驚異であり、人類すべての誇りとするもので  


Posted by happyworld at 11:56Comments(0)

2017年09月08日

ズーラなのだ


世間に知られることなく貧困のうちに世を去った若い詩人たちのヴィジョンもある。しかしザルの草原を踏み歩く者は、二度と故郷の海岸にもどることはないといわれているがため、わたしたちはザルの斜面に足をおろすことはなかった未體驗過New Beauty HK 嘅修身療程前,以為New Beauty 只專注於美容,估唔到佢嘅瘦身療程同樣咁出色。今次體驗嘅係「TRF終極溶脂修身療程」,唔單止可以溶解脂肪,配合唔同機頭,仲可以用係面上,緊緻肌膚、撫平細紋添!

 白い帆船が神殿の建つザルの台地から音もなく離れたとき、前方遙かな水平線に、大都の尖塔《せんとう》が見え、髭をたくわえた男がわたしにこういった。「これがタラリオンと呼ばれる千の驚異の都で、ここには人間がむなしくきわめようとする神秘のすべてがあるのだ」
 そしてわたしは間近に迫った都にふたたび目をむけ、わたしの知っている都や夢に見たことのある都のどれよりも、はるかに壮大であることを知った。神殿の尖塔は頂《いただき》が見えないほどに空にそそりたち、地平線の遙か彼方にはいかめしい灰色の城壁がのびて、ごくわずかな屋根がのぞいているだけだが、異様かつ不気味なものでありながらも、豪奢《ごうしゃ》な帯状装飾や魅力つきせぬ彫刻に飾られていた。魅惑的でありながらも不快感をかきた最近睇咗有關you beauty美容中心的評價,發現裡面關於減退面上細紋的療程好似幾好,於是心心郁郁去咗優纖美容做facial,做完之後感覺都幾好,皮膚無之前咁乾,而且好水潤。

てるこの都に入りたくてたまらず、わたしは髭をたくわえた男に、巨大な彫刻門アカリエルのそばにある石造りの埠頭《ふとう》におろしてくれと頼みこんだが、男はわたしの願いをやんわりとしりぞけてこういった。「千の驚異の都タラリオンには、多くの者が入りこみながら、もどってきた者はひとりとしていない。あの都を歩くのはもはや人間ではなくなったものどもと魔物どもばかりで、通りが白いのは、都を支配する妖怪ラティを目にしたものどもの骨が、葬られもせずに散乱しているからなのだ」かくして白い帆船はタラリオンの城壁をあとにして航海をつづけ、南にむかって飛ぶ鳥のあとを追うこと長きの日々にわたったが、鳥のつややかな羽衣《うい》は鳥があらわれた空の色によく映《は》えていた。
 やがてわたしたちのまえには、ありとあらゆる色の花が咲き乱れてにぎわう美しい海岸があらわれ、内陸部では見渡すかぎり、さわやかな木立やきらめく東屋が真昼の太陽の光を浴びていた。目路のかぎりを越える亭から美しく調和した歌がわきおこり、それにかすかな笑い声がくわわっていれば、興趣つきせぬものがあり、はやる気持にかられるわたしは漕ぎ手たちをせきたてた。髭をたくわえた男は何も語らず、船が百合のならぶ海岸に近づくあいだわたしを見つめているだけだった。突如として、花の咲き乱れる草原と緑したたる林から風が吹き、あるにおいを運んできたために、わたしは震えあがってしまった。風はいよいよ吹きまさり、あたりの大気は疫病に襲われた邑《まち》や暴かれた墓地の慄然《りつぜん》たる死臭にみなぎった。そして白い帆船が忌わしい海岸からあわただしく離れたとき、髭をたくわえた男がようやく口を開いてこういった。「ここは歓楽かなわぬ土地ズーラなのだ」
 かくして白い帆船はまたしても天の鳥を追い、かぐわしい微風が慰撫《いぶ》するように吹く、暖かい恵みの海を渡っていった。日に日を重ね、夜に夜をついで航海がつづくなか、満月の夜には漕ぎ手たちの低く静かな歌声に耳をかたむけたが、その歌声の耳に快いこと、遙かな故郷から船出したあの遠い昔の夜と変わるところがなかった。燦然《さんぜん》たる弧を描いて上空で接する水晶の双子岬にまもられる、ソナ=ニルの港についに投錨《とうびょう》したのは、月光を導きにしてのことだった。これは夢幻の土地であり、わたしたちは月光の造りだす黄金の橋を渡って、緑の草木に覆われた岸に上陸した。
 ソナ=ニルの地においては、時間も空間も、苦しみも死も存在せず、ここでわたしは永劫《えいごう》とも思えるときをすごした。木立や牧草地は緑につつまれ、花は色あざやかでかぐわしく、せせらぎは青くさわやかな音をたて、泉は冷たく冴《さ》えわたり最近睇咗有關you beauty美容中心的評價,發現裡面關於減退面上細紋的療程好似幾好,於是心心郁郁去咗優纖美容 facial,做完之後感覺都幾好,皮膚無之前咁乾,而且好水潤、神殿や城や邑は堂々として豪奢、それがソナ=ニルなのだ。美のつきせぬ景観の彼方には、さらに美しい景色がうち広がっていれば、この地に涯《はて》というものはない。田園地帯や壮麗な邑の只中《ただなか》を、幸福な民びとが自在に歩きまわり、これら民びとはひとり残らず無傷の優雅さと至純の幸福に恵まれている。永劫とも思えるあいだわたしはその地  


Posted by happyworld at 11:35Comments(0)