QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
happyworld

2017年06月23日

と同じようにする


呼吸をしている感じもない。
 なるほど、つまりこれが頭髮出油
「最新鋭擬似人間型ロボット………じゃ」
 確かに、ほとんど人の形をしている………。
 ほとんどというか、もう完全に人だ。
 腕に触れてみた。
 皮膚だ。
 完全に皮膚だ。
 コレはすごい。関節や髪の毛、どこをどう見ても人間そのものだ。
 確かに、現在老人ホームなどで使われているコミュニケーション型ロボットは人間に近い。
 しかし、やはりところどころ動きが堅航天科技かったり、あるいは体つきも上手く表現できないが、人間のものとは言いがたい一面があった。
 でもこれはどうだ?
 もう、まごうことなき20代前半の男性だ。
 この人が街並みを歩いていたら、絶対に人間だと思うだろう。
 そう思っていたときに、さらに驚いた事実に当たった。
「………うそ?………暖かい」
 暖かい。
 機械なのに、ロボットなのに、暖かい。
「そうじゃ。この機械には、体温がある。人間と同じく、36度前半で保たれている」
「………どうして?そんなの、必要ないじゃないか」
 そうだ、体温なんて必要ない。
 人間と外見上同じくすることには大きく意味がある。
 例えば、先ほど挙げた老人ホームの例はまさにその典型だ。
 他にも町を歩く警備用ロボットを私服にして、人間なら犯罪の検挙率が大幅に増加するだろう。
 人間はやはり人間と同じ形であればそれだけ安心感がある。
 だから人間と同じ形にするのには大きな意味があるのだ香港強脊會
 しかし、体温を同じにするとなると話は変わってくる。
 体温を同じにする必要などありはしない。
 その分発熱しなくてはいけないし、温度が上がりすぎ  


Posted by happyworld at 11:35Comments(0)

2017年06月02日

いかけているの

 
たことを知った。朝にはその地点は足の下にあって、午後には南東に昇り、そしていまはおおよそ南に位置して東のほうに移ろうとしているのだ。この新しい事避孕方法態は何を意味するのか。もしかして狂だろうか。こんなことはいつまでつづくのだろう。ギルマンはまたしても決然とした意志を奮い起こし、むきをかえると蹌踉《そうろう》とした足取りで、薄気味悪い古びた家にもどった。
 マズレヴィッチが玄関で待っていて、不安そうにしぶしぶといった感じで、また新たな迷信がかった話を囁《ささや》きかけた。魔女の光についてのことだった。ジョーは昨夜――マサチューセッツでは愛国者記念日にあたるので――祝祭にでかけ、帰ってきたのは真夜中だったという。外から家を見ると、最初はギルマンの部屋の窓が暗くなっているような気がしたが、やがて窓のなかにかすかな菫色の輝きを見た。アーカムに住んでいる者なら誰でも、それがブラウン・ジェンキンと老婆キザイア・メイスンの幽霊の近くで踊る、魔女キザイアの光だということを知っているので、ジョーはそのことをギルマンに注意したくなったのだった。いままで魔女の光のことは話さずにいたが、部屋の窓にその光が見えたことは、キザイアと長い歯をもつ使い魔が若い旦那にとり憑《つ》いていることを意味するのだから、どうあっても話さないわけにはいかない。ジョーとポール・コインスキと家主のドンブロフスキは、若い旦那の部屋の上の鎖《とざ》された小屋裏の割れ目から、その光がもれだすのを見たように思ったことがあったが、そのことは話さずにおくことで意見を一致させていた。けれどいまとなっては、culturelle兒童益生菌若い旦那は部屋を移って、イヴァニツキ師のような敬虔《けいけん》な神父から十字架をもらったほうがいいだろう。
 マズレヴィッチがそんなことを漫然と話しているうちに、ギルマンはいいようもない恐怖に喉《のど》がつまりそうになった。昨夜帰ってきたとき、ジョーがほろ酔い機嫌だったにちがいないことは知っていたが、そうであっても、屋根裏部屋の窓に菫色の光を見たということは、恐ろしい意味あいをはらんでいた。ギルマンが未知の深淵に飛びこむ際の前段階となる、あのくきやかで鮮明な夢のなかで、老婆と小さな毛むくじゃらの生物のまわりにいつも踊っていたのも、おなじ類の揺らめく輝きであって、目を覚ましている別の者に夢の輝きが見えるというのは、まったく正気では考えられないことだった。しかしこのジョーという男はいったいどこでこんな奇妙な考えを聞きこんだのだろうか。もしかして自分は眠っているあいだに、家のなかを歩きまわるのと同様に、あれこれしゃべったりもするのだろうか。ギルマンがその点を問いただすと、ジョーはそんなことはないといった――けれどこのことは確かめなければならなかった。おそらくフランク・エルウッドなら何かを教えてくれるだろうが、ギルマンとしてはたずねたくない心境だった。
 熱――あられもない夢――夢遊病――幻聴――空の一点に引きよせる力――そして今度は常軌を逸した眠りながらしゃべるという疑い。どうやら研究をつづけるのをやめ、神経科の専門医に診てもらい、自分をとりもどさなければならないようだった。ギルマンは二階に登ると、エルウッドの部屋のまえで立ちどまったが、この若者は外出していた。それでしかたなく階段を登りつづけて屋根裏部屋に入り、闇のなかで腰をおろした。視線がなおも南西にひきよせられたが、それ成人益生菌とともに、いつしか頭上の鎖された小屋裏に何か物音はしないかと一心に耳をこらし、傾いた低い天井のごく小さな割れ目から、凶まがしい菫色の光がもれているように思ってしまうこと  


Posted by happyworld at 11:44Comments(0)