QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
happyworld

2017年04月26日

で微妙な変化をして


やがて実りと収穫の季節になった。梨や林檎がゆっくり熟していき、ネイハムはいつにない豊作が期待できると確信した。果実は驚くべき大きさに成長しNeo skin lab 美容て、色艶《いろつや》も素晴しく、その数も多かったので、収穫に備えて樽が追加注文されたほどだった。しかし熟成期になると、ネイハムは苦い失望を味わわされることになった。大きく色艶もいい素晴しい果実のすべてが、一つとして、とても食べられるしろものではなかったからだ。梨と林檎のさわやかな甘みのなかに、吐気をもよおす苦みがまじっていて、すこし噛んだだけでも口のなかに長く不快感がのこるのだった。メロンとトマトも同様で、ネイハムは収穫物のすべてが失われたことを悲しくも理解した。すぐにさまざまな出来事を結びつけたネイハムは、隕石が土を汚染したのだと断言して、ほかの収穫物の大半が道に沿う高台にあることで、神に感謝した。
 早ばやと訪れた冬は非常な寒さをもたらした。アミはネイハムを見かけることがすくなくなり、たまに会うネイハムが、いつも心配そうな顔をしていることに気づいた。ネイハムの家族も口数がすくなくなっていくようで、教会に行ったり社交の場に顔を出したりすることもまれになっていた。この遠慮というかふさぎこみには、何の原因も思いあたらなかったが、家族の誰かがときとして、健康を害しているとか、漠然とした不安感に悩まされるとかいうこともあった。ネイハム自身は、雪のなかにのこる足跡に心かき乱されたのだと、具体的なことをいった。いつも暑假旅遊冬に見かける赤栗鼠や白兎や狐の足跡だったが、深く考えこむネイハムには、そんな足跡の形やならびかたが、どこやら妙に見えたのだ。どこがどう妙なのかと、そこまではっきりいえるものではないのだが、栗鼠や兎や狐の体形と習性からして、とてもそんな足跡がつくはずがないと思えるようなものだった。アミは興味もなくこの話に耳をかたむけたが、ある夜、クラークズ・コーナーズから橇《そり》でもどる途中、ネイハムの住居を通りかかったときに、事情は一変した。月が出ている夜の道を、一匹の兎が横切っていったのだが、兎の跳ぶ距離が異常に長く、アミもアミの馬も動揺した。事実、馬は驚いて、手綱《たづな》をしっかり握ってとめなければ、逃げだしてしまいかねないほどだった。その後、アミはネイハムの話に注意をはらうようになり、ネイハム・ガードナーの犬たちが毎朝おどおど不安そうにしているのを不思議に思った。犬たちはもう吠える元気もなくしているほどだったのだ。
 二月にメドウ・ヒルからマーモットを捕りに来たマグレガー家の少年たちが、ガードナー家からほど遠くない場所で、きわめて奇妙なマーモットをつかまえた。体形が描写も不可能な感じいて、顔にはマーモットらしからぬ表情があった。少年たちは心底おびえきって、すぐに投げだしたので、周辺の人びとには奇怪な話が伝わっただけだった。しかしネイハムの家の近くにさしかかると馬が妙におどおどすることが、まもなく知れわたるようになり、後に声を潜めて話される伝説の土台が、速《すみ》やかに一つの形をとりはじめた。
 人びとは口をそろえて、ネイハムの家のまわりではどこよりも早く雪が溶けると断言し、三月のはじめには、クラークズ・コーナーズにあるポターの雑貨店で、恐れおののく農夫たちがあれこれ議論をたたかわせた。スティーヴァン・ライスが朝にガードナー家の農場を通りかかり、道の反対側にある林のそばの泥濘《ぬかるみ》に、ミズバショウが生えているのに気づいたのだった。これまで見Amway安利たこともないような大きさで、言葉ではあらわせない不思議な色をしていた。形はばけものじみていて、まったく前代|未聞《みもん》の臭に馬がいなないた。その日の午後、何人かの者がこの異常なものを見に行って、こんな植物がまっとうな土地に育つはずがないと誰もが思った。前年の秋のひどい果実のことがさかんに口にされ、やがて口伝《くちづ》てにネイハムの土地が汚染されていると噂されるようになった。もちろん原因は隕  


Posted by happyworld at 11:38Comments(0)

2017年04月20日

の情報によります


になった。
 ロボットはすでに人間と同様の権利を得つつあるのが実情だ。
 ………こんな感じでロボット談義口服 避孕 藥は終わらせたい。
 とにかく科学技術の発展はほんと、めまぐるしい。
 なんでも出来るに違いない。
 そう思っていた。
AIの言うことを無視しながら、雑然としたベッドルームでベッドに座りながらコーヒーを飲み、
 相変わらずただただ映っているテレビの光を瞳に反射させながら、
 今日はどうしようかずっと考えていた。
 あいつのところに行くのもいいかな。
 いや、今日は真面目にバイト行くかな。
 おいおいなに考えてるんだか、真面目に行くって、ついにAIにあてられたか、俺。
 そんな逡巡の中で、変化が訪れた。
 全てを覆すほどの変化。
『臨時ニュースをお知らせします』
 一瞬にして、画面が変わった。
 さっきの芸能リポーターはどうしたのだろう?
 明らかに低俗そうな顔立ちの芸能リポ均衡飲食ーターは消えうせ、きちんとスーツに身をこなしたアナウンサーらしき男性が画面に映っていた。
 不思議に思う俺に、画面は容赦なく事実をたたきつける。
『臨時ニュースをお知らせします。宇宙管制司令室からと、第5惑星ガイルのそばを通過中の超巨大隕石・通称“ジータ”は 原因不明の爆発を起こし、大小二つに分断。当初予想されていた軌道を大きくずれたその大きな方の隕石が第5惑星ガイルの重力によって砕かれ、 そのまま第5惑星ガイルの引力を利用して半周するように加速。粉砕された8000以上もの細粒が現在このエンデに向かって接近中。繰り返します。現在』
「………は?」
 俺は固まった。
「いや、だからこの惑星エンデに向抗衰老護膚品かって8000以上もの小隕石群が接近中なのです」
「それは分かる」
 俺はAIの言葉に一応返事をしておいた。
 なおもアナウンサーは淡々と事実を述べているだけだ。
 おいおい、待てよ。  


Posted by happyworld at 11:34Comments(0)

2017年04月13日

や不思議な場面


異常なまでに荒あらしいものだったからだ。ジャーミン邸にごくわずかなあいだいたときは、邸宅の遠い翼にいて、夫だけから世話をうけたといyou beauty 做 facialう。事実、ウェイド卿はことのほか気をつかっていた。アフリカにもどったときも、ギニアから来た穢らしい黒人女以外に、幼い息子の世話をさせようとはしなかったからだ。レディ・ジャーミンが亡くなって帰国してからも、息子の世話は自分ひとりでおこなった。
 しかしこうしたことは、ウェイド卿自身がたいていお茶を飲みながら話したことで、友人たちはこんな話から卿が狂っていると思うようになったのだった。十八世紀のような理性の時代にあっては、学識ある者が、コンゴの月のもとでの異様な光nuskin 如新景、つまり崩れはてて蔓のはびこる忘れ去られた都市の巨大な壁や柱、地下の宝物庫や測り知れない納骨所の闇に果しなく通でも高めたのは、このロバートだった。一八一五年にロバート卿は七代目子爵ブライトルムの娘と結婚して、次つぎに三人の子供をもうけたが、最初に生まれた子と最後に生まれた子は、心身と
 
だけだろうが、顕著な二つの特徴だけはここに書いておかなければならない。ウェイド・ジャーミン卿のアフリカ探検の覚書と、白い神や類人猿の王女にまつわるコンゴの伝説に、忌わしくも符合するものだからだ。問題の二つの特徴とは次のようなものだった。木乃伊《ミイラ》の首にあった金のロケットにほどこされていた紋章はジャーミン家の紋章であり、縮んだ木乃伊《ミイラ》の顔に関連して、ヴェルハーレン氏が面白半分に似ているとほのめかしたことは、慄然たる至高の恐怖をたたえながらも、ほかならぬ感受性の強いアーサー・ジャーミン卿、その遠い祖先のウェイド・ジャーミ激光矯視 中心ン卿、そしてその未知の妻にあてはまるものだったのだ。王立人類学会は木乃伊《ミイラ》を焼却してロケットを井戸に投げこんだが、アーサー・ジャーミン卿がかつてこの世にいたことを認めない者もいる。  


Posted by happyworld at 13:00Comments(0)