2013年03月02日

夢裏尋你千百度


白雪飄飄灑灑,靜沃無聲如畫,夢裏的佳人你在哪裏?讓我尋覓到海角天涯!於是,在夢裏無數次的遇到你,站在雪中央,拈一縷炊煙緲緲,摘一芳流雲入畫。呼呼的北風是你的歌唱,被風卷起的雪靄,迷住了天邊的晚霞。鮮豔的梅花有你倔強的個性,你的幽香芬芳了翩翩雪花,潔白純淨像美玉一樣無瑕。多少次在夢裏見到她,多少次夢裏呼喚你喊到嗓音沙啞,醒來眼角還有殘留的淚花。文/林楊

(一)

你不用多麼漂亮 ,也不用多麼聰慧,簡單,自然,可愛就行。最主要是善良,只有善良的女人,才會給男人一個溫暖的家。你無欲無求,清新淡雅,最大的幸福就是默默地看著我。你的眼睛裏都是柔情,把男人在外的煩躁,緊迫,憂慮,還有剪不斷理還亂的思緒如麻,都靜靜融化。女人就是用水做的,隨方就圓,讓我感覺到你就是永遠長不大。可當我快要崩潰,快要支持不住的時候,你小女人身上的那份強大精神就像媽媽。

(二)

我沒事時喜歡悄悄地看著你,看著你望著繁星沉思,喜歡你獨坐燈下創作,一會兒淚流滿面,一會兒滿臉喜悅,哭笑都在你的文字變化中。我喜歡看你懶散的模樣,像一只小貓懶懶地囚在床上,舒散著長發。喜歡看你穿著我的衣服,又大又肥的樣子,最享受的就是把你的文章,讀給我聽,躺在床上閉上眼睛,聽著你清亮委婉的聲音,朗誦的那麼豐盈悅耳,讓我如醉如癡。仿佛走進了你的世界,讀懂了你的心靈,隨著你漫步,遨遊,暢往美麗的新世界。

(三)

我喜歡每次回來看到你傻傻地站在那裏等我,看著我親自為你做飯,看著我切菜,你的手情不自禁的緊緊摟著我的腰,說著你新構思的故事 。嬌小的模樣像個孩子,嘰嘰喳喳的不停地說著話,吃相很難看,飯粒粘在鼻尖上。我們收拾完碗筷,你會牽著我的手,一刻也不撒開,漫步在樹蔭下,小河邊,夕陽裏,任風兒拂過臉頰,嗅聞樹葉的味道,泥土的清香。此時,你就會安靜的像一束花,感受著清新的空氣,蓬勃的氛圍,聆聽著吐綠的聲音,看著你的純淨目光,真像個可愛的天使。

(四)

你喜歡在雨夜裏,讓我緊緊地抱著你,燈不要開得太亮,昏暗的燈光下,都能感受到彼此的心跳。誰也不說話,就是靜靜地摟著,任憑窗外雷鳴電閃,雨打葉子的脆響,風吹樹枝的聲音。外邊是風雨交加的跳動旋律,室內是緊緊相依的溫暖身體。窗外是一個世界,窗內是一個天地。在沉靜中感受著彼此,理解著彼此,此時無聲勝有聲,用心去詮釋著彼此的靈犀。

(五)

此時,外面飄著雪花,我夢裏的伊人你在哪,抬頭望明月,月光變得荒蕪,低頭看大地。季節變換著冷暖。等待是一種沒有誓言的約定,遠的是距離,近的是心底。夢裏尋你千百度,你卻在遠方,想你時你在天邊,想你時你在眼前!  


Posted by happyworld at 13:06Comments(0)愛情

2012年12月08日

あなたに出会って、ただ待つ

窓の外の夜はちょっと寂しい、小雨が降って冬の距離。まだ冬には、人々に早々に厚いコートを着ました。この冬は寒いのか南小城の寒くて、空は灰色のは、北の空じゃあきれいに明るく、どうしてもいくつか分か。

広場に時計を再び伝来ボリュームのある声、硯のような夜景はますます深くなって、何杯ネオン夜きらめきモヤモヤの照明、人をいらいらさせて、意乱。久しぶりに触れて文字で、最近以来の気持ちもとてつもなく落ち着いたが、おそらく、この両者の間にある必然的な连絡を持っている。二日前に突然気まぐれ、サイトに登録したユーザー名、むやみに書いた上で日誌を発表、結局私の予想に反して、いくつかの文字のファンが来てくれて。

ある人は言います:“想い、喜びも、感傷。」私は、これまでのように。いっしょに歩いてきて、思い出の香り、依然としてにバインドの花びらに封じられて小渓のような思い出も緩やかで静かに心の間に流れ、その妙齢、あの溢れる優しさ、あの刻苦心、あなた達もその後どうですか?

靑春に歩いたことがあって、ひとつの四季も、徐々に脱ぎました靑の無知の色。いくつかのものに対して、少ない数件の執着して、少なくなって数分恋しい。私は、もはや感傷的な年齢で、これらの単純な小さな幸せにも懐かしくて、適幻想。誰もが選ぶ権利も、いかにの選択は、私はあなたのまたは彼女の、それはすべて正しい、相手のも間違ってはいない。

最初の出会いは幸せで、最も美しい年月。今は、1度の出会いはとっくに缘尽、例えば花火た夜空を、短い絢爛後でまた回復の戻った穏やか。日は毎日依然として繰り返して簡単に。たまには図書館で本を読んだり、たまにスーパーマーケットに行っておやつを買って、たまに学友とて何はマージャンをこすって、たまに友達に電話をかけて、たまに想いそれらの単純な日、たまに……長い間に夢中になって麻雀と思って、もうやめて、かつて懐かしみある人のように、毎日と彼女の音が聞こえ、毎日彼女がそばにいると。今、彼女は私に対して何の魅力もない。かも知れない、まるで他人の言うように、時間はいいものは長くなって、それはあなたにいくつかのものを忘れて生きているのか!静かに戻ってもどうせ。

先月末には、食堂の料理を逃れるために、家に帰っていた2日間とも実家に帰りたい。こんなに長年来、お父さんはいつも一人で家にいる、独りぼっちになり、孤独の。それを思うと、ひとしきり辛酸、時には七時過ぎに電話で帰って、お父さんはもう寝たを知らないで、こんなに余り日夜彼はどのように辛抱してきたの。大学から、私も慣れてきた休暇は帰って、家族はお正月に才能が集まる。今度帰って、お父さんは聞いてかどうか次兄今年正月、私が分からないと彼が帰って来ない。お父さんは「帰ってきた、もう二年に帰りませんでした」。いつからか?から、家族全員が集まって食事が贅沢で、ただ知らないこんな日もあと少し希望会長、それから少し長い、もう少し長い……

こういった年齢では、毎回家に帰って、誰かが私にいくつかの答えたくないの問題で、私も毎回の簡単ないい加減。そうですね!このような年齢では、確かにこの恋も何か考えましたが、このほどの年齢に、どうしても忘れてどうやって行くから。愛すると、いつから知らないからちょっと恐れて、勇気がないから簡単に触れたいとも思わない、簡単に行くから。唯一したいのは待つことを待って、運命は次の手配。

多くの時に私はすべて心の中で自分にこのように教えて、待つのはすばらしくて、希望を持って、待って、またのために出会う。それでもに単身待った少しの慰めからはどんな時に出会って、私は、それは一番大切な、大切なのは君に出会う誰に出会って、後はどのようなから、どんな結果ですか?

もし待って、本当に再びに出会って、私はあなたに出会ってたいだけでなく、靑い道でも、愚かな歳月;もし待って、本当に再びに出会って、私はあなたの地を画して牢となす、独守1部の眷切れ私のすべての情と痴。

もし待って、本当にただあなたに出会って、あなたはどこにいるの?  


Posted by happyworld at 10:41Comments(0)愛情