2017年06月23日

と同じようにする


呼吸をしている感じもない。
 なるほど、つまりこれが、
「最新鋭擬似人間型ロボット………じゃ」
 確かに、ほとんど人の形をしている………。
 ほとんどというか、もう完全に人だ。
 腕に触れてみた。
 皮膚だ。
 完全に皮膚だ。
 コレはすごい。関節や髪の毛、どこをどう見ても人間そのものだ。
 確かに、現在老人ホームなどで使われているコミュニケーション型ロボットは人間に近い。
 しかし、やはりところどころ動きが堅かったり、あるいは体つきも上手く表現できないが、人間のものとは言いがたい一面があった。
 でもこれはどうだ?
 もう、まごうことなき20代前半の男性だ。
 この人が街並みを歩いていたら、絶対に人間だと思うだろう。
 そう思っていたときに、さらに驚いた事実に当たった。
「………うそ?………暖かい」
 暖かい。
 機械なのに、ロボットなのに、暖かい。
「そうじゃ。この機械には、体温がある。人間と同じく、36度前半で保たれている」
「………どうして?そんなの、必要ないじゃないか」
 そうだ、体温なんて必要ない。
 人間と外見上同じくすることには大きく意味がある。
 例えば、先ほど挙げた老人ホームの例はまさにその典型だ。
 他にも町を歩く警備用ロボットを私服にして、人間なら犯罪の検挙率が大幅に増加するだろう。
 人間はやはり人間と同じ形であればそれだけ安心感がある。
 だから人間と同じ形にするのには大きな意味があるのだ。
 しかし、体温を同じにするとなると話は変わってくる。
 体温を同じにする必要などありはしない。
 その分発熱しなくてはいけないし、温度が上がりすぎ  


Posted by happyworld at 11:35Comments(0)

2017年06月02日

いかけているの

 
たことを知った。朝にはその地点は足の下にあって、午後には南東に昇り、そしていまはおおよそ南に位置して東のほうに移ろうとしているのだ。この新しい事避孕方法態は何を意味するのか。もしかして狂だろうか。こんなことはいつまでつづくのだろう。ギルマンはまたしても決然とした意志を奮い起こし、むきをかえると蹌踉《そうろう》とした足取りで、薄気味悪い古びた家にもどった。
 マズレヴィッチが玄関で待っていて、不安そうにしぶしぶといった感じで、また新たな迷信がかった話を囁《ささや》きかけた。魔女の光についてのことだった。ジョーは昨夜――マサチューセッツでは愛国者記念日にあたるので――祝祭にでかけ、帰ってきたのは真夜中だったという。外から家を見ると、最初はギルマンの部屋の窓が暗くなっているような気がしたが、やがて窓のなかにかすかな菫色の輝きを見た。アーカムに住んでいる者なら誰でも、それがブラウン・ジェンキンと老婆キザイア・メイスンの幽霊の近くで踊る、魔女キザイアの光だということを知っているので、ジョーはそのことをギルマンに注意したくなったのだった。いままで魔女の光のことは話さずにいたが、部屋の窓にその光が見えたことは、キザイアと長い歯をもつ使い魔が若い旦那にとり憑《つ》いていることを意味するのだから、どうあっても話さないわけにはいかない。ジョーとポール・コインスキと家主のドンブロフスキは、若い旦那の部屋の上の鎖《とざ》された小屋裏の割れ目から、その光がもれだすのを見たように思ったことがあったが、そのことは話さずにおくことで意見を一致させていた。けれどいまとなっては、culturelle兒童益生菌若い旦那は部屋を移って、イヴァニツキ師のような敬虔《けいけん》な神父から十字架をもらったほうがいいだろう。
 マズレヴィッチがそんなことを漫然と話しているうちに、ギルマンはいいようもない恐怖に喉《のど》がつまりそうになった。昨夜帰ってきたとき、ジョーがほろ酔い機嫌だったにちがいないことは知っていたが、そうであっても、屋根裏部屋の窓に菫色の光を見たということは、恐ろしい意味あいをはらんでいた。ギルマンが未知の深淵に飛びこむ際の前段階となる、あのくきやかで鮮明な夢のなかで、老婆と小さな毛むくじゃらの生物のまわりにいつも踊っていたのも、おなじ類の揺らめく輝きであって、目を覚ましている別の者に夢の輝きが見えるというのは、まったく正気では考えられないことだった。しかしこのジョーという男はいったいどこでこんな奇妙な考えを聞きこんだのだろうか。もしかして自分は眠っているあいだに、家のなかを歩きまわるのと同様に、あれこれしゃべったりもするのだろうか。ギルマンがその点を問いただすと、ジョーはそんなことはないといった――けれどこのことは確かめなければならなかった。おそらくフランク・エルウッドなら何かを教えてくれるだろうが、ギルマンとしてはたずねたくない心境だった。
 熱――あられもない夢――夢遊病――幻聴――空の一点に引きよせる力――そして今度は常軌を逸した眠りながらしゃべるという疑い。どうやら研究をつづけるのをやめ、神経科の専門医に診てもらい、自分をとりもどさなければならないようだった。ギルマンは二階に登ると、エルウッドの部屋のまえで立ちどまったが、この若者は外出していた。それでしかたなく階段を登りつづけて屋根裏部屋に入り、闇のなかで腰をおろした。視線がなおも南西にひきよせられたが、それ成人益生菌とともに、いつしか頭上の鎖された小屋裏に何か物音はしないかと一心に耳をこらし、傾いた低い天井のごく小さな割れ目から、凶まがしい菫色の光がもれているように思ってしまうこと  


Posted by happyworld at 11:44Comments(0)

2017年05月22日

まではしなかった


ツェはこういいながら、テーブルにあった象牙細工almo nature 狗糧をとりあげてポケットにいれ、吾輩の腕をつかんで甲板に通じる昇降口へひっぱっていこうとした。たちまち吾輩は、クレンツェめがハッチを開けて吾輩と共に水中にとびだすつもりでいることを察知したが、一蓮托生をたくらむ自殺狂の奇行になどつきあいきれるものではなかった。踏みとどまってなだめすかそうとしたものの、ますます乱暴になるばかりで、かくのごときことを口走った。「さあ、来るんだ――ぐずぐずしていたってしかたがない。こばんで死を宣告されるよりは、悔いあらためて許されるほうがいいんだから」吾輩はなだめすかせる考えを改め、おまえは狂っている、憐れむべき狂人にちがいないといってやった。しかしクレンツェは動じることもなく、こう叫んだ。「おれが狂っているのなら、それは慈悲というものだ。無神経なあまり悍《おぞ》ましい最期にも正気でいられる者に、神々の憐れみがあらんことを。さあ、彼が慈悲をもってまだ呼んでくれているうちに、きさまも狂ってしまうんだ」
 こうした言葉をわめきちらしたことで苦悩がすこしはやわらいだのか、これだけいうとかなり穏やかになり、同行しないのなら自分一人だけでも行かせてほしいといった。採るべき道はたちまち明らかになった。クレンツェはドイツ人ではあっても、ラインラントの平民にすぎず、いまや危険を内に秘めた狂人になりはてているのである。自殺の要求をうけいれてやれば、吾輩はもはや同輩どころか脅威となっているこの男から即刻解放されるのだ。吾輩は出ていくまえに象牙細工を渡してくれといったが、この要求にクレンツェが薄気味悪い笑いをあげたため、おなじ言葉を繰瑞戈非尼返すこと。そして吾輩が万一にも救出される場合があるやもしれぬので、ドイツの家族に渡す形見の品や髪の毛をのこすつもりはないかといってみたが、またしても妙な笑いをあげるばかりであった。こうしてクレンツェが梯子《はしご》を登っていくと、吾輩はレヴァーのまえに立ち、しかるべき間隔をおいてクレンツェを死におくる装置を作動させたのである。クレンツェがもはや艦内にいないことを知った後、最後にひと目その姿を見ようと思い、探照灯の光をあたりに投げかけてみた。理論的に推定されるがごとく、クレンツェが水圧によって押しつぶされるのか、はたまた例の尋常ならざるイルカどものごとく、何の影響もうけずにいるのか、それを確かめたかったからにほかならない。しかしながらイルカどもが司令塔のまわりに不可解にも密集していれば、同輩の最後の姿を見つけだすこともかなわなかった。
 その日の夕方、あの象牙細工のことが心にとりついてはなれず、哀れなクレンツェが立ち去るときにポケットからくすねなかったことを悔んだ。月桂冠を頭にいただく美貌の若者の顔がどうにも忘れられなかったのだが、かといって吾輩は生来芸術家などではない。話相手がいなく大腸癌口服標靶藥なったことをも残念に思った。クレンツェは知性の面で吾輩と対等の相手ではなかったにせよ、誰もいないよりはましだからである。その夜はよく眠れず、い  


Posted by happyworld at 12:24Comments(0)

2017年05月12日

おかた見当


きたのかな?」
ジェイコブはガイドウェイにもどりながら考えたSuisse Reborn 好用。〝母国独自の原音にそった発音〟などというものを作ったのは、どこのどいつだ。だれだかわかったら、くびり殺してやる
「ぼくがここへきたのは、コンサルタントとしての仕事をはたすためさ。きみの言うのが地球外種族のことだとしたら、たしかに彼らもぼくの顧客のなかに入ってるよ。くわしいことは言えないがね」
「なるほど、極秘中の極秘というわけだ!」ラロックはからかうように指を一本ふって、「そんなにジャーナリストをいじめるもんじゃないぜ! あんたの仕事とやらはおれの仕事と同じかもしれんのだから! ところで、ル・モンドのトップ・レポーターが、なんでこんなさいはての地にいるのか、不思議に思うだろう?」
「それよりも──なんでこんなさいはての地の安利傳銷どまんなかでヒッチハイクをしてたのか、そっちのほうが不思議だな」
ラロックはため息をついた。
「さいはての地、ねえ。まさにそうだ! 地球を訪れた高貴なる異星人が、ここやらアメリカ州のアラスカやら、ひどい僻地にとじこめられていなきゃならんとは、なんとさびしい話だ!」
「ハワイ、カラカス、スリランカ、このへんはみんな、州都だぞ」とジェイコブ。「しかし、どうしてきみがここへ……」
「どうしておれがここへ派遣されたかって? そう、もちろんさ、デムワ! しかしだ、ここはひとつ、おたくの有名な演繹能力のご披露といこうじゃないか。おはついてるんだろう?」
ジェイコブはうめき声を押し殺した。車をガイドウェイから出し、アクセルをぐっと踏みつける。
「それよりもっといい考えがある。なぜ荒野のまっただなかで立っていたのか話してくれる気がないのなら、ある謎を解いてくれないかな」
ジェイコブは障壁でのできごとを話して聞かせた。ラロックがフロソトガラスの穴に気づかなければいいがと願いながら、あの投石事件には触れないようにして、ジェイコブは慎重に、例のしゃがみこんでいた男のふるまいを語った。
「そいっは決まってるさ!」ラロックが大声で言っ楊婉儀幼稚園た。「わかりきったことじゃないか! あんたたちの使う、〝永久要観察者〟の頭文字がヒントだよ。それにしても、あの分類のしかたはひどすぎる。一個の人間の人権を否定し、親となる権利も選挙権も……」
「そんなことはとっくにわかってる! ぼくは昔から反対派だ.よげいなおしゃべりはしなくてもいい」ジェイコブはちょっとのあいだ考えこんだ。永久要観察者《パーペチュアル・プロペイショナー》の頭文字は、なんだった?  


Posted by happyworld at 12:01Comments(0)

2017年05月04日

わたしの場合


おちいってから書きつづけていた記録が、すべて焼きはらわれていることを示していた。ウィルスン医師はわたしの呼吸がきわめて異常韓式霧眉なものであることに気づいたが、皮下注射をすると正常に近いものになった。
 九月二十七日の午前十一時十五分、わたしは激しく体を動かし、それまで仮面のようだった顔に、表情らしきものがあらわれはじめた。ウィルスン医師は、その表情がわたしの第二人格のものではなく、わたし本来のものによく似ていることに気づいた。十一時三十分頃、わたしは何かきわめて不思議な言葉――人間の言葉とはまったく関係がないように思える言葉――をつぶやいた。わたしは何かを相手にもがいているようでもあった。そして正午をすぎた頃窩輪報價――家政婦と女中は既にもどってきていたわたしは英語でつぶやきはじめた。
「……当時の正統派の経済学者たちのなかで、ジェヴァンズは科学的相関関係にむかう世間一般の趨勢を代表している。繁栄と衰退の商業的周期を、太陽黒点の物理的周期に結びつけようとするジェヴァンズの試みは、おそらく……」
 ナサニエル・ウィンゲイト・ピースリーがもどってきたのだ――心をなおも一九〇八年の木曜日の朝に残し、教壇の古びた机について、経済学の教室に目をむけたまま。
 
 正常な生活へ復帰するには、骨のおれる困難な過程を経なければならなかった。五年以上もの歳月の損失は、想像できる以上に厄介な問題を生みだしており、、順応しなければならない事柄がそれこそ無数にあった。
 一九〇八年以降の自分の行動について耳にするにつけ、わたしは驚いたり、心をかき乱したりしたが、できるだけ冷静に見つめようと心がけた。ようやく次男のウィンゲイトをひきとってクレイン街の自宅におちつくと、大学での講義を再開するための努力をした――大学当局が親切にも、以前の教授の職につくよう申しでてくれていた。
 一九一四年二月の学期から、わたしは大学で講義をはじめ、ちょうど一年間それをつづけた。その頃には、自分の体験によってひどく心を乱してし辦公室屏風まっていることがわかった。完全に正気を保ち――そう願っていた――本来の人格には疵《きず》一つないというのに、わたしにはもうかつての気力はなかった。ぼんやりとした夢や奇妙な考えが頭にとりついて離れず、世界大戦の勃発がきっかけとなって歴史に目をむけたのだが、さまざまな時代や出来事を、奇妙きわまりないやり方で考えだす始末だった。
 時間についての概念――連続性と同  


Posted by happyworld at 12:02Comments(0)

2017年04月26日

で微妙な変化をして


やがて実りと収穫の季節になった。梨や林檎がゆっくり熟していき、ネイハムはいつにない豊作が期待できると確信した。果実は驚くべき大きさに成長しNeo skin lab 美容て、色艶《いろつや》も素晴しく、その数も多かったので、収穫に備えて樽が追加注文されたほどだった。しかし熟成期になると、ネイハムは苦い失望を味わわされることになった。大きく色艶もいい素晴しい果実のすべてが、一つとして、とても食べられるしろものではなかったからだ。梨と林檎のさわやかな甘みのなかに、吐気をもよおす苦みがまじっていて、すこし噛んだだけでも口のなかに長く不快感がのこるのだった。メロンとトマトも同様で、ネイハムは収穫物のすべてが失われたことを悲しくも理解した。すぐにさまざまな出来事を結びつけたネイハムは、隕石が土を汚染したのだと断言して、ほかの収穫物の大半が道に沿う高台にあることで、神に感謝した。
 早ばやと訪れた冬は非常な寒さをもたらした。アミはネイハムを見かけることがすくなくなり、たまに会うネイハムが、いつも心配そうな顔をしていることに気づいた。ネイハムの家族も口数がすくなくなっていくようで、教会に行ったり社交の場に顔を出したりすることもまれになっていた。この遠慮というかふさぎこみには、何の原因も思いあたらなかったが、家族の誰かがときとして、健康を害しているとか、漠然とした不安感に悩まされるとかいうこともあった。ネイハム自身は、雪のなかにのこる足跡に心かき乱されたのだと、具体的なことをいった。いつも暑假旅遊冬に見かける赤栗鼠や白兎や狐の足跡だったが、深く考えこむネイハムには、そんな足跡の形やならびかたが、どこやら妙に見えたのだ。どこがどう妙なのかと、そこまではっきりいえるものではないのだが、栗鼠や兎や狐の体形と習性からして、とてもそんな足跡がつくはずがないと思えるようなものだった。アミは興味もなくこの話に耳をかたむけたが、ある夜、クラークズ・コーナーズから橇《そり》でもどる途中、ネイハムの住居を通りかかったときに、事情は一変した。月が出ている夜の道を、一匹の兎が横切っていったのだが、兎の跳ぶ距離が異常に長く、アミもアミの馬も動揺した。事実、馬は驚いて、手綱《たづな》をしっかり握ってとめなければ、逃げだしてしまいかねないほどだった。その後、アミはネイハムの話に注意をはらうようになり、ネイハム・ガードナーの犬たちが毎朝おどおど不安そうにしているのを不思議に思った。犬たちはもう吠える元気もなくしているほどだったのだ。
 二月にメドウ・ヒルからマーモットを捕りに来たマグレガー家の少年たちが、ガードナー家からほど遠くない場所で、きわめて奇妙なマーモットをつかまえた。体形が描写も不可能な感じいて、顔にはマーモットらしからぬ表情があった。少年たちは心底おびえきって、すぐに投げだしたので、周辺の人びとには奇怪な話が伝わっただけだった。しかしネイハムの家の近くにさしかかると馬が妙におどおどすることが、まもなく知れわたるようになり、後に声を潜めて話される伝説の土台が、速《すみ》やかに一つの形をとりはじめた。
 人びとは口をそろえて、ネイハムの家のまわりではどこよりも早く雪が溶けると断言し、三月のはじめには、クラークズ・コーナーズにあるポターの雑貨店で、恐れおののく農夫たちがあれこれ議論をたたかわせた。スティーヴァン・ライスが朝にガードナー家の農場を通りかかり、道の反対側にある林のそばの泥濘《ぬかるみ》に、ミズバショウが生えているのに気づいたのだった。これまで見Amway安利たこともないような大きさで、言葉ではあらわせない不思議な色をしていた。形はばけものじみていて、まったく前代|未聞《みもん》の臭に馬がいなないた。その日の午後、何人かの者がこの異常なものを見に行って、こんな植物がまっとうな土地に育つはずがないと誰もが思った。前年の秋のひどい果実のことがさかんに口にされ、やがて口伝《くちづ》てにネイハムの土地が汚染されていると噂されるようになった。もちろん原因は隕  


Posted by happyworld at 11:38Comments(0)

2017年04月20日

の情報によります


になった。
 ロボットはすでに人間と同様の権利を得つつあるのが実情だ。
 ………こんな感じでロボット談義口服 避孕 藥は終わらせたい。
 とにかく科学技術の発展はほんと、めまぐるしい。
 なんでも出来るに違いない。
 そう思っていた。
AIの言うことを無視しながら、雑然としたベッドルームでベッドに座りながらコーヒーを飲み、
 相変わらずただただ映っているテレビの光を瞳に反射させながら、
 今日はどうしようかずっと考えていた。
 あいつのところに行くのもいいかな。
 いや、今日は真面目にバイト行くかな。
 おいおいなに考えてるんだか、真面目に行くって、ついにAIにあてられたか、俺。
 そんな逡巡の中で、変化が訪れた。
 全てを覆すほどの変化。
『臨時ニュースをお知らせします』
 一瞬にして、画面が変わった。
 さっきの芸能リポーターはどうしたのだろう?
 明らかに低俗そうな顔立ちの芸能リポ均衡飲食ーターは消えうせ、きちんとスーツに身をこなしたアナウンサーらしき男性が画面に映っていた。
 不思議に思う俺に、画面は容赦なく事実をたたきつける。
『臨時ニュースをお知らせします。宇宙管制司令室からと、第5惑星ガイルのそばを通過中の超巨大隕石・通称“ジータ”は 原因不明の爆発を起こし、大小二つに分断。当初予想されていた軌道を大きくずれたその大きな方の隕石が第5惑星ガイルの重力によって砕かれ、 そのまま第5惑星ガイルの引力を利用して半周するように加速。粉砕された8000以上もの細粒が現在このエンデに向かって接近中。繰り返します。現在』
「………は?」
 俺は固まった。
「いや、だからこの惑星エンデに向抗衰老護膚品かって8000以上もの小隕石群が接近中なのです」
「それは分かる」
 俺はAIの言葉に一応返事をしておいた。
 なおもアナウンサーは淡々と事実を述べているだけだ。
 おいおい、待てよ。  


Posted by happyworld at 11:34Comments(0)

2017年04月13日

や不思議な場面


異常なまでに荒あらしいものだったからだ。ジャーミン邸にごくわずかなあいだいたときは、邸宅の遠い翼にいて、夫だけから世話をうけたといyou beauty 做 facialう。事実、ウェイド卿はことのほか気をつかっていた。アフリカにもどったときも、ギニアから来た穢らしい黒人女以外に、幼い息子の世話をさせようとはしなかったからだ。レディ・ジャーミンが亡くなって帰国してからも、息子の世話は自分ひとりでおこなった。
 しかしこうしたことは、ウェイド卿自身がたいていお茶を飲みながら話したことで、友人たちはこんな話から卿が狂っていると思うようになったのだった。十八世紀のような理性の時代にあっては、学識ある者が、コンゴの月のもとでの異様な光nuskin 如新景、つまり崩れはてて蔓のはびこる忘れ去られた都市の巨大な壁や柱、地下の宝物庫や測り知れない納骨所の闇に果しなく通でも高めたのは、このロバートだった。一八一五年にロバート卿は七代目子爵ブライトルムの娘と結婚して、次つぎに三人の子供をもうけたが、最初に生まれた子と最後に生まれた子は、心身と
 
だけだろうが、顕著な二つの特徴だけはここに書いておかなければならない。ウェイド・ジャーミン卿のアフリカ探検の覚書と、白い神や類人猿の王女にまつわるコンゴの伝説に、忌わしくも符合するものだからだ。問題の二つの特徴とは次のようなものだった。木乃伊《ミイラ》の首にあった金のロケットにほどこされていた紋章はジャーミン家の紋章であり、縮んだ木乃伊《ミイラ》の顔に関連して、ヴェルハーレン氏が面白半分に似ているとほのめかしたことは、慄然たる至高の恐怖をたたえながらも、ほかならぬ感受性の強いアーサー・ジャーミン卿、その遠い祖先のウェイド・ジャーミ激光矯視 中心ン卿、そしてその未知の妻にあてはまるものだったのだ。王立人類学会は木乃伊《ミイラ》を焼却してロケットを井戸に投げこんだが、アーサー・ジャーミン卿がかつてこの世にいたことを認めない者もいる。  


Posted by happyworld at 13:00Comments(0)

2017年03月31日

うに思える骨


[#ここから2字下げ]
 イノック・ボウアン教授一八四四年五月にエジプトより帰国――七月に自由意志派の教会を買収――教授の考古学に関する著作及び隠秘学の研究は有名なり。
 一八四四年十二月二十九日、第四Foodwise紅酒バプティスト教会のドラウン博士、説教の際に星の知慧派に近づかぬよう警告せり。
 四五年末までに宗派の門徒九十七名を数えたり。
 一八四六年――三名の者失踪――輝くトラペゾヘドロンはじめて人の口にのぼる。
 一八四八年、七名の者失踪――血なまぐさい生贄《いけにえ》の話もちあがりたり。
 一八五三年の調査、成果をあげられず――音についての噂あり。
 オマリー神父、エジプトの廃墟にて発見されし箱を用いる悪魔崇拝について語る――光のなかでは存在できぬもの召喚されたる由。そのもの弱い光から逃げだすも、強い光を用いれば、一掃されんという。その場合、再度召喚せねばならぬ。あるい優纖美容はオマリー神父このことを、四九年に星の知慧派に入信せしフランシス・X・フィーニイの臨終の告白より得たるにあらぬや。星の知慧派に入信した者等いわく、輝くトラペゾヘドロン、天国や他の世界を見せ、闇をさまようもの、何らかの方法にて秘密を告げたりと。
 一八五七年、オリン・B・ユディの報告。星の知慧派の者等、結晶体を見つめることにより召喚をおこない、独自の言語をもちたりと。
 一八六三年、出征中の者を除き、門徒数二百名以上に達す。
 一八六九年、パトリック・リーガンの失踪後、アイルランド人たち教会になだれこみたり。
 一八七二年三月十四日、J紙に漠然とした記事掲載されるも、この記事につき市民は何も語らず。
 一八七六年、六名の者失踪――秘密委員会、ドイル市長を訪問。
 一八七七年二月、四月に教会を閉鎖する旨の決議おこなわれたり。
 五月、フェデラル・ヒルの住民、――博士と教区委員を脅迫。
 一八七七年の末までに一八一名の者町を離れる――名前は発表されず。
 一八八〇年頃、幽霊の話もちあがる――一八七七年以来、教会に入りし者なしとの報告の真疑を確かめるべし。
 一八五一年に撮影された写真の提供をラニガンに要求すべきなり……
[#ここで字下げ終わり]
 
 ブレイクはその紙片を手帳にもどし、手帳を上着のポケットにいれてから、埃のなかの人骨を見つめた。書きこみが意味しているものは明白で、誰も手をだす勇気のなかった特種を求め、この男が四十二年まえに無人の建物にやって来たことには、疑問の余地がなかった。おそらくこの男の計画を知っていた者はいなかったのだろう――はっきりいいきれるこ楊婉儀幼稚園 拖數とではないが。しかし男が新聞社にもどることはなかった。勇気をふるいおこして抑えていた恐怖が圧倒的なまでに高まり、突然の心臓発作でもおこしたのだろうか。ブレイクは鈍く光る人骨にかがみこんだとき、妙な状態に気がついた。骨のいくつかはひどく分断されており、奇妙としかいいようがないが、端のほうが溶けているよも二、三ある。それ以外の骨は不思議にも黄色くなっていて、焼けこげたような感じだった。焼けこげたような跡は衣服の断片のいくつかにも認められた。頭蓋骨の状態はきわめて異常だった――黄変していて、頭頂部には、何か強力な酸が硬い骨を腐食したかのような、黒こげになった穴が開いていた。四十年にわたる沈黙の埋葬のうちに、この骸骨にいったい何がおこったのか、ブレイクには想像することもできなかった。
 ブレイクはそれと意識しないまま、いつのまにかまた多面体の石を見つめていて、その奇妙な影響力が自分の心にぼんやりした幻影を呼びおこすにまかせていた。ブレイクは見た。長衣をまとい頭巾をかぶる、人間ではありえない輪郭をもつものたちの行列を。空に達するかのような、刻み抜かれた石碑の立ちならぶ、果のない砂漠の広がりを。闇につつまれる海底にある塔と外壁を。冴《さ》えざえとした紫色の霞のあわい輝きのまえで、黒い霧がたゆたっ  


Posted by happyworld at 11:44Comments(0)

2017年01月11日

は言語を絶した


全世界にテレパシー現象を起こし、高名な建築家が狂死し、哀れなウィルコックス青年が高熱に浮かされた。偶像が写し出していた太古の神、暗黒の星が劉芷欣醫生 産んだ緑色の怪物、いまやそれが目覚めて、おのれの権利を主張している。星辰がふたたび、正しい位置に戻ったのであろうか。太古以来、その信徒が幾度となく試みては失敗に終わっていた悲願が、何も知らぬ船員たちの手で成し遂げられたのだ。邪教徒たちの偉大な神クトゥルフが、数千兆年ののちに解放されて、いま、餌食を貪《むさぼ》り始めている……
逃げだそうとしたときはすでに遅く、船員の三名は軟質ながら巨大dermes 脫毛な爪に打ち潰された。神よ、彼らに安らぎを与えたまえ。この宇宙にも安らぎがあればであるが。この三人はドノヴァンとゲレラとアングストロームで、あとの三人は狂ったように、果てしなくつづくかと思われる岩山を乗り越えつつ、ボートを目指して走りに走ったが、途中で三人とも姿を消してしまった。ヨハンセンが目撃したのは、パーカーの最期の場面だけで、その死の様子が、目の狂いでないとの断《ことわ》り書つきで記載してあった。パーカーは石造物の角を曲がるとき、足をすべらして倒れた。鋭角に見えていたところが、急に鈍角に変わったからで、そのとたんに、彼の身体は石のなかに呑みこまれていった。かくして、ヨハンセンとブライドゥンの二人だけがボートにたどりつき、必死のおもいでアラート号へ漕ぎ戻った。その間、山とも見える巨体の怪物は、ぬるぬるした岩を踏んで海ぎわまで達したが、そこでやや躊《ためら》っていた。
全員が上陸して、留守にしていたにもかかわらず、アラート号の蒸気は冷えきっていなかった。二人が無我夢中で、操舵室と機関室のあいだを駆けまわると、エンジンが動きだし、船恐怖の下におかれながらも、徐々に死の海を進行し始めた。岸辺では死人を呑みこむ奇怪な石造物の上で、暗黒の星から渡来した邪教の神が、逃れ行くオデュッセウスの船に呪いの声を吐きつけるポリュペーモスさながらに、口から泡をとばして何やらわめき立てていた。しかもこのクトゥルフは、伝説に残るこの一眼巨人キュクロプス族以上にしぶとくて、たちまちそのぬらぬらした巨体を海中に滑りこませ、宇宙的な力で波を引き裂き、凄まじい勢いで追跡してきた。振り返ってそれを見たブライドゥンは、その瞬間に気が狂った。そしてその後は、思い出したように笑い声をあげる状態がつづき、ある夜、これも同様に半狂乱のヨハンセンが甲板上をうろうろしているあいだに、船室内で死んでいった。
だが、ヨハンセンは屈しなかった。アラート号のエンジンが全能力を発揮せぬうちに、怪物に追いつかれるのが必然的とみたので、一かばちかの冒険に運命を賭ける決大學網絡意をした。エンジンをフル・スピードにしておいて、電光のような素早さで甲板上を駆けぬけると、舵輪をいきなり逆回転させた。悪臭を放つ水面に渦が生じ、  


Posted by happyworld at 11:45Comments(0)

2017年01月11日

選擇you find 網絡推廣公司,讓你從此不再擔心自己網站在搜索引擎上碌碌無為了。

you find 網絡推廣公司一直都在努力不懈的幫助客戶做到的不止止是提供一個專業的網頁設計,這裡提供的還有就是針對Google、Yahoo、Baidu等搜索引擎的分析研究,對選擇you find 的客戶進行網站精准的排名提升等服務的。

當一家公司的網站剛開始建設起來時,可以嘗試對網站搜索引擎優化,針對公司的產品相關聯的關鍵字進行優化。you find 網頁優化的同時就是針對CP值較高的關鍵字做優化服務的,這樣不僅提高關鍵字的排名,更是可以降低關鍵字相關廣告費用的。不要再市場上盲目的選擇這類網路推廣公司了,you find 網絡推廣擁有專業的團隊,更是有豐富的搜索引擎優化的經驗。

選擇you find 網絡推廣公司這裡的關鍵字優化流程讓客戶能夠在網頁優化的過程清清楚楚的。you find 網頁優化前會先設定客戶網站核心的關鍵字以及衍生關鍵字;當然不同難度的關鍵字以及想達到該關鍵字的排名效果,那麼給到的價錢也是不同的;再來就是簽訂合約的內容;接下來you find 網絡推廣公司會依據客戶所指定的合約內容指定SEO的方案,為客戶所期望的排名去優化網頁和保持關鍵字的排名狀況。只有好的網路推廣才能讓你的公司產品和知名度大大提升的!  


Posted by happyworld at 11:44Comments(0)

2016年11月28日

港交所橄欖枝難撼投行初衷 A股敲鐘仍是高新企業優選項

6月16日,港交所宣布推出創新板,發布《建議設立創新板》的框架咨詢文件,其中支持“尚未盈利”、“同股不同權”的企業上市,旨在吸引“新經濟”企業。該文件將於8月18日結束咨詢,若建議獲得支持,港交所將在2018年落實創新板上市規則。

  與上壹次建立創業板不同的是,這壹次港交所目標非常明確,其中就要“爭奪內地大型新經濟企業來港上市”。

  事實上,隨著內地企業的發展,它們已經成為了各家交易所競相爭逐的新角力場。港交所迅猛出擊的同時,內地滬深交易所、全國股轉系統也在不斷優化自身的上市環境,面臨著各家交易所拋出的橄欖枝,擬上市企業或許能夠在走向公眾公司之路上獲得更從容的選擇。

  21世紀經濟報道記者調研內地創投機構、投行人士,港交所拋出的“橄欖枝”似乎難以撼動他們在設計大部分內地高新企業上市選擇地方面的“初衷”,在他們看來,盡管創新板能讓部分不符合內地上市條件的企業上市更便利,但從估值、需求等方面來看,A股仍具競爭力。

  交易所角力

  為了解決新經濟公司在香港上市的主要障礙,港交所將向“尚未盈利的公司”、“采用非傳統管治架構的公司”、“已在其他市場上市的內地公司”敞開大門。

  與創新板咨詢文件同時推出的,還有《有關檢討創業板及修訂〈創業板規則〉及〈主板規則〉的咨詢文件》,港交所認為創業板原有的“踏腳石”的定位成效有限,重新定位為壹個獨立板塊,並計劃取消創業板轉主板的簡化程序,提高上市門檻,以改善創業板的整體上市素質。

  若上述兩份文件順利實施,那麽香港上市渠道將進壹步得到完善,這與內地多層次資本市場建設極為相似,從層次來看,香港創新板與內地新三板定位相似,香港創業板則接近內地的“中小創”,這使得未來上市企業在選擇上市時有更多“可替代方案”,這也導致兩地交易所將在上市資源爭奪上競爭更加激烈。

  交易所的上市資源搶奪戰,早在三年前進入“白熱化”。阿裏巴巴曾計劃在香港上市,因“同股不同權”問題被拒,隨後在2014年赴美上市,但事情影響遠未結束,港交所在隨後的兩年內在市場上發起多輪圍繞“同股不同權”方案的討論和咨詢,希望不要再漏下“下壹個BAT”。

  同樣在2014年,深交所創業板醞釀改革,首次提出虧損互聯網企業亦可上市,並向業內進行調研。同年新三板進行史無前例的擴容,旨在吸引具有潛力的創新中小企業掛牌,2016年進壹步設立創新層。2015年上交所曾經推出戰略新興板的概念,希望吸引新興產業公司在主板上市,但最終擱淺。

  盡管內地各板塊加速提高對創業企業的服務能力,但依然有短板。華南壹家大型投行人士在6月19日向記者表示, “A股自始至終未放松IPO的盈利要求,監管層對盈利的可持續性也壹直保持關註,壹些虧損但具有高成長性的企業比如美團,就無法達到A股上市的標準。”

  而在新三板方面,深圳壹家小型券商新三板人士19日談道,對新三板的沖擊會較大。新三板除了“轉板”值得可期外,目前別的政策優惠吸引力較小。

  截至目前,內地交易所依然在發揮資本市場對創新企業的支持作用,比如創業板改革。深交所總經理王建軍在6月17日第十九屆“中國風險投資論壇”上表示,深交所將不斷提升創業板包容性,提高對早期高新企業的支持能力。

  今年1月上交所則談道,中歐國際交易所股份有限公司正積極研究在2017年推出D股,提升中資企業在歐洲的品牌知名度,與德國這類制造業強國及擁有成熟產業集群的優勢與境外企業開展多元化合作。新三板依然在推動創新層的制度建設。

  阿裏巴巴、京東等互聯網龍(21.25, -0.10, -0.47%)頭已在美國上市,內地優質新興企業還在觀望,比如陸金所、螞蟻金服。據了解,螞蟻金服至今未透露上市地,但馬雲在2016年接受采訪時表示,香港必須對其上市規則進行改革,借此吸引新經濟產業,保持競爭能力,並繼續保持金融中心的地位。只要香港做好準備,會考慮讓持有支付寶的螞蟻金服赴港上市,但並不是壹個必然的結果。

  據21世紀經濟報道記者此前從接近螞蟻金服上市項目人士處獲悉,螞蟻金服的上市地點仍未有明確結論。

  投行的選擇

  新的上市環境變化已經產生,對於正在準備選擇上市地的企業而言,要根據自身的核心訴求和資質進行選擇。

  事實上,過往“香港上市”並非是大部分中資企業的首選。當2013年IPO財務大核查後,不少中資企業“轉道”H股上市,主要因為A股IPO審核時間較長,同時盈利要求未達到A股上市標準,但企業融資需求迫切。

  另有中資企業選擇A股上市則意在布局國際化業務,同時依托香港平臺希望得到境外投資者認可,這類多以大型企業比如金融機構為主。

  九州證券深圳事業部負責人張軍輝6月19日接受21世紀經濟報道記者采訪時稱,若港交所創新板得以順利實施,將對內地企業分流會有壹定影響,即吸引新經濟行業公司、但無盈利,按內地IPO要求又極難的企業;有同股不同權訴求的企業。

  深圳壹家創投企業合夥人19日向記者表示,港交所推出的創新板,對民營中小型企業吸引力更大,對大型高新企業而言則不然。“我認為香港目前的上市條件就不高,只要達到盈利要求,財務報表經得起審計等即可。所以事實上真正有實力的新經濟企業是有多種融資渠道可選,符合條件的首選內地,不符合的可以在紐交所,亦可在香港主板。創新板的推出不壹定能改變這類型企業的上市地選擇。”該創投企業合夥人談道。

  不過圍繞“同股不同權”問題,業內人士表示,雖然港交所“破冰”,但事實上采用該結構的企業並不多。

  前述深圳創投企業合夥人表示,這類需求不多。“內地企業發展多年,同股同權架構深入人心,大型企業壹般采用同股同權,壹些新興科技型公司也如此,同股不同權的企業畢竟是少數。”

  張軍輝談道,“內地同股不同權的企業不多,但因為未上市企業的股改很容易,故可調整同股不同權的安排,有很大吸引力。”

  另外,21世紀經濟報道記者調研的多位投行人士認為,盡管創新板能動搖壹部分企業上市地的選擇,但影響有限,留在內地上市依然是不錯的選擇。

  張軍輝告訴記者,如盈利滿足內地要求、無同股不同權的訴求,則還是首選內地上市。他進壹步解釋,內地上市後估值比境外高、A股流動性好;在上市後可以按照內地法律法規,無文化差異。

  前述華南投行人士則表示,隨著內地資本市場在進壹步深化改革,比如創業板。創業板是高新企業的聚集地,企業會依據文化、法律、同行估值的相近性選擇上市地,並不容易分流至港交所。

  估值的誘惑

  盡管港交所放寬上市條件以爭取更多新經濟企業上市,但A股的高換手率、高估值,依然是擬上市企業眷戀內地的重要理由。

  根據創新板咨詢文件對全球主要金融市場估值的統計,發現全球市場的市盈率平均在24.6倍,香港交易所(201.8, -1.20, -0.59%)只有13.4倍排在末尾,上交所為16.7倍;而深交所則達到34.9倍排在第壹位。

  但是,隨著新股發行的常態化,A股估值正經歷壹輪“去泡沫”。深圳壹家中型私募的投資經理19日告訴記者, A股“去高估值”是壹個漫長的過程。張軍輝亦表示,內地上市後估值比境外高的局面至少還會保持2-5年。

  自滬港通(13297.37, 13297.37, 0.00%)、深港通的開通,內地資金因港股估值窪地而瘋狂掃貨,隨著估值差逐漸抹平,未來兩地估值水平或將達到動態平衡。

  流動性強、換手率高是A股市場的另壹重要特征dermes 價錢。據了解,香港市場的成交情況往往是“二八定律”。以6月19日的成交情況進行統計,成交額在1000萬以上的股票共有426只,占比只有21%,但合計成交量在全市場占比95%。其中成交量排在前5的分別是騰訊控股(282.2, 3.40, 1.22%)(0700.HK)、中國平安(52.2, 0.05, 0.10%)(2318.HK)、香港交易所(0388.HK)、匯豐控股(68.65, -0.25, -0.36%)(0005.HK)、中國恒大(14.94, -0.06, -0.40%)(3333.HK),成交額合計為109.12億元,占全天成交額的23.17%。

  此外,中資企業出海上市,面臨的是境外投資者,其風格與A股散戶風格相距甚遠,同時對中資企業缺乏了解。

  前述創投企業合夥人表示,如果內地企業到香港上市,主要面向境外機構投資者,那麽意味著除非要把企業做得很有閃光點,否則不會引起境外投資者的註意;但關鍵是明星企業只是少數,大多都是資質稍微平庸的企業登陸創新板支付寶


  香港壹家私募基金合夥人在6月18日告訴記者,機構投資者壹般做價值投資,換手率低;他們更看重市盈率、派息率,以配置白馬股為主。“如果創新板有內地大型知名企業上市,是行業龍頭,會得到境外投資者的重視化粧課程。”  


Posted by happyworld at 16:53Comments(0)

2015年10月30日

給你一個房子別出來

關起門來過日子,覺得日子也蠻好。一天天有變化,一年年在改善。

社會在進步,水漲船亦高。想古代,達官貴人還看不上彩電,用不上冰柜。如今呢,普通人花一兩塊錢就能上網,與世界上不同角落的陌生人對話!

十幾年前,商人拿著磚頭大的手機,“喂喂”地炫耀。現在誰還買不起個手機?

新鮮的菜秧洋芋很貴,等大批量上市了,自然就會便宜。有錢人嘗頭鮮,享受的是虛榮。沒錢人慢後吃,你能說他吃的不是洋芋菜秧?不過是個先後順序罷了。

今天你住大房子,我住小房子。明天你住別墅,我住大房子。今天你騎機車,我騎自行車。明天你開小轎車,我騎機車。反正都在進步,都在升級換代,只不過你總跑在我的前面。

關起門來過日子,就不會攀比。丈夫覺得妻子是最好的,妻子認為丈夫是最棒的。雖然是小日子,倒也風平浪靜。

俗話說,沒有比較就沒有鑒別,人比人氣死人。如果不是關起門來過日子,讓家裡的人走出去,或者放外頭的別人進家來,難免會碰出火花,心理可能不平衡。

我們原來過的哪叫日子啊?你看看人家張三,還有李四,多風光,多滋潤!

其實,家家都有一本難念的經。只是微笑背後的憂傷隱藏著,旁人一看,就見著好的了。人往往喜歡拿人家的好比自己的差,這一比,就比出遺憾,比出羡慕和嫉妒。

結論總是相對的,是依賴於背景的。足球放在籃球堆裏是最小的,放在桌球堆裏是最大的。矮子裡面拔將軍,終究也是個矮子。  


Posted by happyworld at 20:30Comments(0)

2015年09月29日

回想著往日的我




今天,我又走進了這熟悉的院子,院子裏的一切是多麼的親切。這條小路安靜地通向裏面的院子,小路還是我十幾年前的小路,路上有我往日的足跡Советы туристам в Гонконге,我仿佛能看見往日的我輕快地走在回家的路上,那時的我不知道憂傷的滋味,只覺得一切都很美好。小路在冬天的寒冷中靜靜地看著我,我不知道小路是否還認得出這個往日的無憂無慮的我。也許小路正仔細地端詳著我,小路想分擔我的憂傷,可它卻只能愛莫能助地看著我。

路邊的小樹現在已經長高、長壯了,樹上褐色枝椏在寒冷中靜靜地站著。我走過去,撫摸著樹的冰涼的樹杆。我熟悉的小樹,你以往的樹杆,我一個手就可以攏住,可現在我卻要用雙手才勉強能合住。你現在一定認出了我,以往每年的春天,我都站在樹下看著你滿樹茂盛的白花,還有你枝條上的小小的嫩嫩紅紅的葉子。我那時高興地看著你,你也高興地看著我,向我展示著自己美麗的潔白的花朵。現在你在寒冷中靜靜地看著我,我也在靜靜地看著你,你在安靜地等待著春天,我也在安靜地等待SMC風扇吊燈,你等待的春天不久就會到來,可我等待的卻像風兒一樣,我能感覺到,卻任憑我怎樣的努力,卻都不能抓住。你能感覺到我淡淡的憂傷,也許你想看到往日總是帶著微笑的我,可這就像我想看到往日的你一樣,一切都不存在了。

院子裏的花園沒有了往日的美麗。冬日裏芭蕉葉子是灰綠色的智慧肌膚管家,芭蕉樹懶懶散散地站著,一副對什麼都不在乎的樣子。它正看著有點兒陌生又有點兒面熟的我,在回想著……

別的樹上只有滿樹的枝椏,它們靜靜地享受著寒冷的天氣,我站在它們的身邊,它們卻仿佛沒有看見我一樣。經曆了這麼多年,它們也許已經將我忘記,也許它們正眯著眼睛小憩,沒有注意到我的存在。

一樹新生的玫瑰樹待在寒冷中,她柔弱的幾條枝上分別舉著黑紅黑紅的玫瑰花的種子,在向人們顯示著自己的曾經的美麗,展示著自己豐碩的果實。只有一條細枝上舉著一個包的緊緊的粉色玫瑰花苞,那朵玫瑰花苞經曆了三場大雪,它仍然在堅強地等待著溫暖的陽光,希望在陽光中開出美麗的花朵。這朵美麗的玫瑰花,經曆著一場場的雪的侵襲,卻仍然在等待著春天的到來。我不敢過去觸摸它的花苞,我怕那朵花苞會隨著我的手而掉落,我怕那朵花苞會變成粉色的花的粉末灑落,我怕我的手會碰傷它春天美麗的夢。這朵可愛的玫瑰花苞看著我,她在鼓勵我,雖然待在冬天,心裏有一個美麗的春天,也會覺得自己很燦爛。這花園中新生的玫瑰,它不知道多年前我就經常站在花園旁,欣賞花園的美麗,它不認識我,卻與我互相鼓勵著。

花園旁的家屬樓是那樣的熟悉,我似乎閉著眼睛也能走回自己的家。可我卻只能看著那往日熟悉的樓梯,我沒有上去,也許樓梯正在奇怪地打量著我,那個往日整天高高興興的我,今天怎麼一個人站在它的的面前,滿臉寫著淡淡的憂傷,我怕站在樓梯上又回想起那熟悉的身影。我怕我的憂傷會加重,樓梯看著我,它也許會懂得我的心。

站在父親的辦公樓前,這座熟悉的樓,我已多少年沒有上去了,辦公樓在看著我,它在回想著往日那個走路總像小跑的歡快的我,它端詳著我的臉,看著歲月留給我的印痕和淡淡的憂傷,也許它正想怎樣幫我分擔一些,可它又覺得力不從心。它往日安靜而莊嚴的臉上也印上了風雨和歲月的印痕,它也在漸漸地衰老著,我仔細地看著它的每一個我曾經熟悉的角落,這裏的每一個角落都有我的足跡,我那帶著笑聲的歡快的足跡。

二樓我要送東西的辦公室門鎖著,人出去了,我站在門外等著。父親辦公室的門開著,裏面有人,可我只能靜靜地看著,我不能像往日一樣直接走進去,父親不在裏面,他已經退休。裏面聽不到父親熟悉的聲音,看不見地上父親曾經擺放的美麗的花,一只只挺拔的小松樹。只有父親辦公室的門在盯著我看,它在等待我往日修長而細嫩的手將它輕輕地推開,它想聞我手上的香脂味,它還想像往日一樣,也擁有淡淡的芳香。而現在我只能靜靜地看著它,我的手已經有些粗糙,我現在經常將桌上的香脂盒視而不見,今天我的手上沒有了香脂。看著期待我的熟悉的門,我走了過去,我問裏面的陌生人,前面辦公室裏我要等的人的電話號碼,她告訴了我。我用手輕輕地拉上門,像以前一樣地輕輕地拉上門,門能感覺到我的溫暖,我能感覺到門的親切,我卻不能在門上留下往日的香脂味,門一定能感覺到我的變化,感覺到我的憂傷,它也許正也想替我分擔一些憂傷。







  


Posted by happyworld at 12:14Comments(0)

2015年09月18日

あの少年


事をわきまえない日々の中には大学のキャンパスに入る。日は長いと短いが、短い。時にはあなたはもっと感嘆の長い時間が、ますます時間のときに、悔いのない。ただ君に殘して思い出の空間がますます小さくて、最後までしか緊縮平方寸サイズの箱の中に。後世に持ち越す点々を指してに描き出してあなたの1世荒涼にいくつかの安逸瞬間。

待キャンパスでの最後の夏休み期間、閑散の時間褥瘡の中でいつも探して探して。千尋の教室、久しぶりに屋台本筆をとって、あなたは真剣に勉強実はただ他人の目にはの顰に倣うだけ。自分は深い中、傍目八目だ。さもなくば、人生が何の生活必需品に脚色跡。

ちょうど、窓の外を一本、2本、本ざくろの木。一本のないぐらい。まだ覚えている家の中に二株木を飾った梨とザクロ、私に全体の少年時代に林立する想像の群れ。

窓の外のざくろの木、枝は繊細で、全体の幹ない弱い前腕。掛のザクロ臉部拉提論点は多くないが、背丈も半の拳のような大。拳のような大きいたとえと呼ぶに全体のザクロ木の上の王になった。

時には、いつかどこか、誰かに知り合い、感じはまた熟知。寝ぼけにうっかり間恍惚目じりのぼんやりした。と勘違いしている自分に乗ったタイムマシンを越えて過去があった半歩を踏み出すない自分が描いた牢域、自分を封じ。

ザクロの大半は、たいていは熟していない。真っ赤な殻の下に包針灸まれ靑白い籽粒、無臭が吸う。まるで君はぱさぱさして口を尖らせる噛む巴歳月の痕跡が出ない。は多くの人が、あるは一匹狼のどこを置いてあるのはどこの切三三五五むしる。どうせ殺到する、楽しからずや。有道はガンは過ぎて殘しただけで人は殘した葉だけ。  


Posted by happyworld at 16:23Comments(0)

2015年08月28日

那壹夜,妳是走過來的


妳是第壹次也是頭壹次看到壹個喜歡的男人在妳面前那個樣子,妳感到好新奇又感到有些羞澀和害怕,可又舍不得拒絕,只有默默地忍受那種突然而至的幸福和陶醉。仿佛在妳面前擺著的是壹盤豐電療護理盛的早餐,讓妳禁不住的饞,妳想要吃,還不敢吃,象在心裏作怪,那隱隱的饞,叫妳忍不住的想,就象這個男人把妳的魂都勾去,妳象直吧塔著嘴,那種意猶未盡的饞、美、香叫妳的心蕩起來。妳有些坐立不安,妳有些蠢蠢欲動,此時就象那熱鍋上的螞蟻,心裏跳得象小兔子,止不住那種亢奮,止不住那種垂涎欲滴的想。

也許就是這壹夜,妳註定了被這個美麗的男人鎖住,也可以說,是他的魅力征服了妳。也許,在妳的心裏和愛的意識裏,這個男人是妳第壹次喜歡的和看到的。那種美象穿透了妳少女的意識美,妳從懵懂的感覺裏就是那麽的出奇不意的喜歡和垂愛。剛開始,心裏的騷動和那害怕的感覺,叫妳有些堤防,可看久了,就覺得好美,比什麽都陶醉。妳是第壹次看到男人的美,也是第壹次沖破那種靦腆羞怯的障礙,用妳那癡情動人的眸,品嘗著那男性股票 即時 報價魅力的美。妳是害羞女,但在那個時候,妳害羞得非常動人,簡直也超出了自己的想象和懵懂的範疇。妳想害羞,卻害羞不起來,妳的意識早已被那相思的美遮蓋,妳阻止不了那種欲望般的想,就象妳的潛意識裏,都被那美獨占。妳想抗拒都不可能,就想自己在潛意識的去唯命是從。妳被那美麗著染,妳被那美麗陶醉,妳逃脫不了那種美麗的糾纏。妳就象壹個水靈靈,活蹦亂跳的小兔子,壹下被獵人的踩夾夾住,妳想跳出都不可能。這時的妳,就真的象壹個乖乖女,那樣的去欣賞,去品味那個男人的美,那個男人的醉。妳簡直沈浸在那男人美幻的世界裏,讓妳陶醉得,不能自己。

自從那壹夜看到以後,妳就象逃不雋景出那個男人的掌控,仿佛自己就象他籠子裏的小鳥,想要飛出去還真難。所以,妳就想壹定不能那樣,自己壹定要沖出去,可是自己努力了多少回,甚至上百回上千回都是於事無補,就是忘不掉那種想,那種美麗的誘惑。

妳此時真的徹底被那個男人給駕馭了,因為妳就象被他吸引,被他誘惑,妳就象逃不出他美麗的手掌心,叫妳無法脫險。所以妳就痛苦著,所以妳就麻木著,所以妳的心好亂,好亂,那種煎熬是妳從來沒有過的,也是第壹次品嘗到的。妳好無助,也很害怕,怕壹時這個男人違背了妳,妳可就殘了。此時,妳象在和自己做鬥爭,和自己煎熬著,痛苦著,抗爭著。所以妳就日思夜想,那樣的忘不掉他,喜愛著他,還心裏害怕著他。

妳真的不想這樣,可是妳終止不了那種想。妳就象壹閉上眼睛,就是他那美麗的畫面,栩栩如生的活靈活現起來。妳感覺到那是壹種無比的幸福和美麗的滿足,但又冷靜壹想,又是那麽的羞怯和靦腆。

妳是第壹次接觸到男人,也是第壹次欣賞到男人的美。妳少女情竇初開的心,被引逗開,被鎖引住。至此,妳就非常的依賴於這個男人,就象妳被這個男人,牢牢的綁縛壹樣,妳也不願松開。

妳把那愛無懈可擊的給了他,妳象和他融合到壹起,彼此相愛得不可分割。  


Posted by happyworld at 17:09Comments(0)

2015年07月23日

那些年那些古老的回憶



今年,我已四十有二。

二十年前我剛大學畢業參加工作,那時候見到四十歲的安利傳銷人時都叫叔叔,而今是剛參加工作的小朋友們都叫我叔叔。歲月真的老得很快,如檣櫓般在彈指壹揮間便灰飛煙滅,消失在了人生的盡頭。回想出生於我們那個年代的人,特別是出生我們那個年代的農村人,有些許點點滴滴的回憶,或許還能夠喚起同齡人對那個年代、對那個年代人與人之間那種純真情懷的感知和惦記。

(壹)祖母的煙桿兒

祖母2006年才去逝,去逝時已經85歲,在當地算是高齡。祖母去逝時我已經工作了十年,我們的家庭也應該算是渡過了最困難的時期。母親去逝得早,父親壹個人要撐壹個家,直到2002年我最小的妹妹參加工作,我們的家境才開始逐漸有所好轉。

記憶最深的是祖母的煙桿兒,可能有壹米多長,中間是密節的金竹,壹個銅的煙嘴加壹個銅的煙鬥。祖母壹直抽葉子煙,那煙葉的來源只有兩個,壹個是自己種的,壹到春天就自己栽種,到七八月份就直接砍來用太陽曬幹或者用風陰幹打成捆;壹種是親戚們送的,都是壹捆壹捆的。

祖母抽煙的時候非常享受,她把煙葉放在爐子上烤焦,然後用手將煙葉搓成煙沫,再用沒有烤焦的煙葉將煙沫裹成壹卷,然後裝在煙鬥裏,用火柴點燃或者直接放在爐子上點燃,瞬間“啪啪”有聲,煙霧繚繞,濃濃的煙草味便彌漫在整座房子裏。如果是沒有聞過那味道的,保準壹聞到就會受不了。

我從小就聞著祖母抽煙的濃濃味道長大,對我而言不存在什麽難聞。在祖母去逝之前,有壹次我帶著孩子回家看她,因為妻子和孩子都受不了那味道,同時也考慮到她的哮喘,也曾勸她少抽點。但她給我說,她抽了四十多年的葉子煙,已經離不開了。我知道這是她老人家壹生的Neo skin lab 騙壹個寄托或者唯壹的愛好。我也就沒再說什麽,其實想想,都是80高齡的老人了,就任其自然地生活,她覺得怎麽自在就怎麽過吧。

記憶中經常有很多人到家裏來看祖母,有她的子女們,也有很多鄉親鄰裏。這當中有很多特別是年紀大壹點的都和祖母壹樣抽葉子煙。這其中有壹個細節我記得特別清楚,那就是祖母把煙葉裝好點燃後,自己先抽兩口,然後用手抹抹煙嘴,再將煙桿傳給下壹個人抽兩口,就這樣傳壹圈,那氛圍真是其樂融融。

今天的我們已經無法感受到她們共同分享美味的那份無私、善良、真誠和快樂了。

(二)酒碗和大茶缸

五年前我曾經寫過壹段文字是關於喝酒的。

今天我仍還想寫壹段關於喝酒的文字,但目的不在於談喝酒,而在於尋找多年以前我們這壹代人還是孩提時代關於對喝酒的記憶,尋找那些即將消失的喝酒的傳統和文化。

說實話,我學會喝酒的時候很早,應該還是在小學沒有畢業的時候就開始喝酒劃拳,那時我的父親喝酒,我的大哥喝酒,我的祖母也喝酒,我周圍的鄉親鄰裏們也喝酒。在那種情況下,我很小學會喝酒也就再正常不過了。

80年代的農村依然還很窮,酒在農村而言算是奢侈品、好東西。那時候的好酒很少,記憶中鴨溪窖酒、米蘭窖酒、楓容窖酒等都已經是非常好的酒了。農村喝得最多的是苞谷酒,三斤苞谷換壹斤酒,那酒烤得好的還行,烤得差的酒有壹股很濃很濃的糊味或者尾子味,喝了之後經常會頭痛。但大家都不會計較那些,有酒喝就是好事,頭痛也不會在乎。

曾經有壹個故事:壹天大家在壹起喝酒,總共只有兩斤酒,大家喝得正高興的時候,進來了壹個客人,壹進來不管三七二十壹自己先罰自己三杯,然後再主動和在座的人各自碰壹杯,最後酒沒了。又有壹個故事:大家猜拳喝酒,其中壹個人每次都出壹個指頭,另外壹個不知道什麽原因每次壹抓就準,最後酒快喝完的時候,另外壹個人突然醒悟了,直接將余下的酒壹口喝幹了。其實這兩個故事,現在看來只是大家飯桌上的談資或者戲謔性的玩笑,但在80年代甚至是90年代初期,在農村都絕對存在這樣的願景村 洗腦情況。

在喝酒的記憶中,裝酒的碗或者茶缸有特別的文化象征意義。農村長大的我們這個年齡的人,大多數都應該記得農村喝酒,特別是農村辦事場中的喝酒,壹般都是用壹個大碗或者大茶缸倒滿酒,大家圍成壹圈或者壹桌,壹個壹口地喝著轉圈,這就是農村常說的“喝良心酒”。或許這種喝酒沒有豐富的菜肴,或許這種喝酒沒有什麽可口的美酒,但唯有那壹份濃濃的沈甸甸的情誼,把我和鄉親鄰裏們牢牢的系在了壹起。

這當中也有壹個細節特別有意思,就是每個人喝完壹口酒後都會用手抹抹碗延,也示對下壹個喝酒人的尊重。從實質性上講,這個細小的動作不具有任何意義,但從文化精神意義上講,這個細小的動作則意義非凡。

對於這個細節,我以為:其壹,這是儒家禮儀文化對世人的深遠影響,這是融入中華民族血液裏的東西,是我們民族靈魂、民族精神的壹種體現;其二,這是團結、謙讓、包容、誠信這些傳統美德在普通百姓日常生活中的具體體現,“喝良心酒”喝多喝少由自己定,喝與不喝由自己定,相互之間是百分之百的信任、百分之介的包容,大家在壹起喝的只是那份感情和那份快樂。

二十多年過去了,我依然懷念在故鄉和鄉親鄰裏圍坐壹圈喝良心酒的美好日子和深情厚誼。

(三)生產隊裏的龍桿會

說起“生產隊”,七十年代出生的人都應該有印象,但就“龍桿會”,可能只有七十年代出生的農村人才知道是什麽。簡單地講,“生產隊”是最基層的組織,那時縣下面是區、區下面是人民公社,人民公社下面是大隊,大隊下面才是“生產隊”,有壹首兒歌叫《生產隊裏養了壹群小鴨子》。

而“龍桿會”則是“生產隊”裏面的壹種民間自治組織,其具體的作用是生產隊裏哪家有人去逝了,壹個隊的人都去幫忙,特別是死者上山安葬這天,全隊的男勞動力都出動,用龍桿(很長的木頭,其作用相當於扁擔)去擡死者棺木去安葬,“龍桿會”因此而得名。在21世紀之前,這種民間組織壹直存在,而且是民間壹個非常重要的組織。

在二十壹世紀之前的農村,基本上都沒有實行殯葬改革,埋的是大棺木,需要很多的人搭力才能擡上山安葬,再加上當時的交通極為不便,選擇逝者安葬之地時往往都在壹些偏僻的、甚至是地形險要的地方,這就必須要大家通力合作才可能完成。這或許是那個年代“龍桿會”產生的必然理由。從文化的意義上講,“龍桿會”代表的是壹種團結,壹種合力,壹種“愚公可以移山”的精神內涵。

而今,隨著經濟的不斷發展,人口不斷流動,特別是在貴州這些相對欠發達的地方,農村的壯年勞動力多數外出務工以求生存和發展,這已經成為了大的時代發展趨勢,再加上近年實行了殯葬改革,都提倡火化安葬,也不再象原來那樣用大棺木安葬逝者了,所以生產隊裏的“龍桿會”已經不不復存在。

說實話,“龍桿會”作為中國歷史中存在壹種文化現象,我們不應該忘記,我之所以要寫下這些文字,亦或是想讓這種曾經存在的文化現象能夠被後人記起。

(四)辦酒場中三大碗

三十年前我十多歲,但十多歲時的記憶卻異常深刻。

中國是壹個特別講究禮儀的國度,這在廣大的農村尤為明顯。曾記得還是在懵懂童年的時候,最喜歡的就是趕父母的路去“吃酒”,因為吃酒可以品嘗到在家吃不到的美味佳肴“三大碗”。

什麽是“三大碗”?在農村辦酒場中,“三大碗”就是大頭菜炒回鍋肉、蘿蔔絲炒瘦肉和白菜豆腐粉絲湯這三樣最普通的菜名的總稱。那時候經常聽大人講的最流行的壹句話就是“去遲了人家蘿蔔絲都涼了”,說的就是這個意思。在那個年代,物質相對貧乏,飲食結構也非常單壹,吃的喝的用的東西都不多,那時的“三大碗”,對壹個普通的家庭而言,壹年下來能夠吃上的時間也不多。

在物質生活極大改善的今天,我把這“三大碗”改名為“老三樣”,而且親朋好友到我家裏做客的時候我也經常按照這老三樣的方式來招待大家,我想這是我作為壹個農民最本質的性格吧,不喜歡大魚大肉,不喜歡排場,沒那麽多的講究。或許就是那時候的“三大碗”,讓我能夠在如此紛繁復雜的世界裏找到幸福與快樂;或許就是那時候的“三大碗”,讓我至今仍然感到自信與知足。

我討厭現如今世俗化的辦酒席,因為已經完全失去了原有的文化意義。我依然回憶三十年前我還是孩提時代農村辦酒場中的“三大碗”。

想寫這些文字已經很久,可惜壹直忙碌於俗事的紛擾久久未能動筆,今天借值班空閑之余,寫下這些文字,亦或是對童年生活的追思回憶,亦或是對即將消失的農村文化現象的描述再現,亦或是對自己理想和精神追求的記錄表達。

無論怎樣,亦算是盡到了自己的壹份心意了吧。  


Posted by happyworld at 12:43Comments(0)

2015年07月15日

夏日小語

啼鳥不聞聲漸歇,繁花次第落幾重。春已祭奠,夏在悸動。陽光撲面而來,生命盡顯歡顏。壹朵花的故事,在綠意蔥蘢的枝頭,泛起沈甸甸的紅暈,七月流火,生命壹片盎然。


這是壹個感性的季節,風情萬種。火辣辣地註視,是誰的頭髮護理眼波壹望無際的流淌。就這樣直視著妳,無法拒絕。壹切再沒有了沈寂的理由,炫彩出最美的華章,釋放壹生的能量。生命豐盈到了極致,葉最亮,花更鮮,果正紅。

此時,女人也成了壹道夏的風景。壹把把素花的小傘,掩映著眉梢的清俏,嫩藕的臂膊,飛逸的長發,飛揚的裙衫,壹路飄然而來,壹路回首而去。美在穿梭,愛在流動。獨留下,這香香的夏的滋味兒。

這個季節,奔放與含蓄共舞。

遍地的綠,宛如壹枝薄荷滴下的露水,靜成壹方脂玉。凝結的厚度,清澈的純度,才見夏的深度。敏的弦與季節同步,我也喜歡如鳴蟬的蟄伏,在蔥郁的泡菜 食譜綠蔭裏深居,風輕雲淡的姿態,不憂也不懼。翠色欲流,滿目的酣暢,是誰舒起綠色的水袖,壹下子把夏天攬盡心定。

獨立水岸,出壹枝白蓮,洗盡塵心萬丈。青青羅裙,搖墜漫天繁星。以石為臺,以水為鏡,從最深的紅塵中走來,微微的笑漾起時光,靈魂的對視,宛在水中央。於水之湄久久佇立,久久懷想,不染的情愫,滲進壹蓮畫意。花非花,我也非我,壹念如水,壹心如蓮。因為水,夏天溢滿了靈性的顫動,因為蓮,夏天獨有了出離的氣度。

夏的夜,帶著壹份聆聽的心情,蛙的皮膚暗沉合奏,蟲的獨鳴,傾心天籟村裏。坐在清涼的樹藤下,晚風潮水般漫過身心,夏的氣息如此貼近,近得在指尖盈盈壹握。無聲放歌,我欲乘風歸去,醉在壹個人的月亮。

這夏的情懷,開合著如鶯的婉轉。妳看,遙遠的天邊,風吹散了烏雲,銀河又是壹際的燦爛!  


Posted by happyworld at 12:00Comments(0)

2015年06月18日

不要拿著別人的地圖,找自己的路

[心靈感悟]


如果遇到人生重大問題,我鮮少問別人意見,都盡量自己去找答案,除了思考、研究、觀察、實驗之外,我還會大量看書、上網搜信息,讓自己成為自己問題的唯壹解答者。



當我成為作家與老師後,每天被成百上千的問題包圍,問題包括:我該去考研還是去找工作?我該選擇在家鄉還是到大城市?我要選擇自己喜歡的音樂工作,還是聽爸媽的保濕話去考律師?我該選擇娶A還是娶B?我明天要考廣告學,請問我該讀哪些書?我該怎麽讓自己有成就?我要如何壹天讀壹本書……


所有五花八門的問題,其實歸結只有壹種:就是他們不相信自己能百分之百決定自己的人生,為自己做全權的決定,害怕自己做的決定會有錯、會受傷、會失敗,所以拿著自己的問題到處去問人,病急亂投醫,到處拿別人的藥方來醫自己的病,就像是拿著指往別人家的地圖在找自己回家的路壹樣荒謬。


我印象最深刻的是在壹場大學演講之後,有位學生興沖沖跑來問我:“老師,我下個月就要去巴黎了,妳能告訴我妳對巴黎的看法嗎?”我還記得當時我壹臉不可置信的表情看著她說:“天啊,這是妳第壹次去巴黎,妳怎麽舍得把妳對巴黎的針灸‘首度定義權’交給我?妳擁有最寬廣、對巴黎探索後的首度定義權,這是妳生命專有的,不該讓別人的看法阻擋在妳與巴黎之間!”


“創意”是壹種態度,壹種對生命的主動、積極、自主、負全責的態度,“創意”不是某類行業、某項職業或是某種環境,不要做壹個“老跟別人要現成答案”的人,這樣就像老吃成藥卻不自己想辦法改善體質,久了自己都失去自愈力。


我當然也希望讀者、學生都是自己探索答案的主動者,如果我輕易地給了答案,就剝奪了他們探索的樂趣──這包括跟我要現成書單,要我在書上簽壹句座右銘的讀者。


如果當場時間允許,我都會苦口婆心跟他們說:“自己的書單得自己找,因為只有妳自己最清楚,妳的專長是什麽、妳的興趣是什麽、妳的人生打算往哪個方向發展,妳得自己去從第壹本有興趣的書開始讀起,然後從這本書再去延伸閱讀下壹本書……妳得有自己的圖書分類系統,就像妳無法搬壹堆不適合妳家風格的家具往家裏放,妳得清楚知道妳自己的詩琳美容體質,為自己點菜,而不是照本宣科吃別人推薦的東西。”


千萬不要做意見或是現成答案的乞討者,請做自己生命的拓荒者、先鋒部隊,請去探尋自己知識與智能的上遊,如此妳才能為自己的人生,從壹開始就走出不壹樣的第壹步。
  


Posted by happyworld at 16:29Comments(0)

2015年05月29日

時光無情催人老,姐,妹妹我希望你善待你自己



在這個微風習習的夜晚,我無法入眠,坐在書桌前,想跟我親愛的,敬愛的老姐,敘敘舊,說說心裏話。

姐,昨天,聽說你生病的消息,我的眼淚就止不住的割雙眼皮流。你才多大啊,身子骨竟這般脆弱。工作緊張?還是你不夠快樂啊?咋從未聽你說過啊。如果能代替,我願替你分擔一切,妹妹我體質好,又年輕。

其實,我是知道的,在家裏,你是老大,父母的頂樑柱,你啥心都操,誰都想愛,唯獨不愛你自己。作為妹妹的我,也很自私,有事或者心情沮喪時老找你,卻從沒有真正的關心過你,今夜我感到羞愧。

媽常說,你是茶壺煮餃子,倒不出,而我說,你是老黃牛,默默無聞,無私奮獻,從不抱怨,也不傾吐,自己憋壞了吧。

親愛的姐,路要慢慢走,花要靜靜賞,錢要慢慢賺,多一分信步閑庭的優雅,少一份焦躁,若真的疲了,倦了,乏了,到我這兒好了,妹妹的華洋坊肩膀雖瘦弱,但足以為你遮一陣風,擋一陣雨!

咱倆說說小時候的事吧。

還記得嗎?我小時候特淘,你午休,睡的正香,我想讓你帶我去河邊玩,我就敲窗戶,撓你頭髮,總要把你弄醒。你醒來後,不慍不火,笑呵呵的領著我們去玩。現在想起來,真感動,難為你了!

姐,如果沒有你的教誨,也就沒有我的今天,是你成就了我。時至今日,你還一直教誨著我,教我如何作人,以至於我在漫長的人生之路,不至於迷失自己。

你給我講的故事,我還清楚的記著呢,我已講給了我兒子,你外甥,有可能的話,我還要講給我孫子聽呢。你也許忘了吧,我可是終身難忘啊。讓我們一起回顧吧,你說世界上有兩把金鑰匙,一把已被人拿走,另一把,只要我好好學習就歸我了,有了它,想要什麼都可以,兒時的我,以為是真的,於是,滿腦子的糖果,玩具......我做了好多夢,也就是這些夢鞭撻著我不斷前行,夢裏有你在指航啊。

我用什麼來報答你,用我的一生還有來世吧,來世,我是姐,你是妹!

沒事幹的時候,我總愛撫摸我的下巴,還記得那道疤痕嗎?聽媽媽說,那是你小時候,騎自行車帶我出去玩,把我弄得。媽說,要是疤痕往上點,我就變成兩張嘴了,長大嫁不出去,往下,就是喉嚨的位置,也許我現在沒命了。呵呵,我不在乎的,每每觸摸那道疤痕,我還有幸福的感覺呢,那是你愛我的將軍澳通渠印記。

姐,時光無情催人老,浮生若夢,屈指堪驚,希望你善待自己!妹妹在這裏默默的為你祈福,祝你,安康長壽,幸福快樂!  


Posted by happyworld at 11:33Comments(0)康泰旅行社