QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
happyworld

2017年11月14日

排毒

身體有這四大症狀不要擔心,是身體在“排毒”救你,你知道麼
我們的身體有些時候會出現一些症狀,咳嗽、發燒、鬧肚子……每當身體出現這些不適,很多人紛紛感覺害怕,只怕是大病來臨的徵兆。其實這些症狀看似對我們的身體有害但是它們其實也是在幫助我們的身體在清理身體內部的毒素,調理我們的身體讓身體變得更加的健康
一、放屁

“屁乃五穀之氣”,在公眾場合放屁是一種很不禮貌、也是很讓人尷尬的事情,但是我們要知道這讓人尷尬的事情,其實是我們的身體在排毒的表現,這些毒素就是我們身體之中那些多餘的廢氣
二、咳嗽

咳嗽其實是呼吸道在清除異物。 一咳嗽就急著服止咳藥,不利於痰液或異物排出,容易引起呼吸道感染。因此,咳嗽時最該做的,是看看有沒有咯痰等伴隨症狀。
三、偶爾的流鼻血

偶爾的流鼻血是人體火氣太重的表現。這時,給鼻子足夠的水分就行。平常對鼻子要好點,經常揉捏鼻翼兩邊柔軟的地方就是對它最好的安撫。
四、出汗

出汗是一件好事,我們在出汗的時候只要不是感覺到身心俱疲,那麼就不需要太過關心,我們因為這些出汗其實是在幫助我們排除體內的毒素,我們只需要適當的補充水份就可以幫助我們的身體更好的排除毒素了。



  
タグ :健康


Posted by happyworld at 11:51Comments(0)

2017年09月18日

らぬおおぶりの


イブ滅亡千年を祝う饗宴は想像を絶する豪華なものだった。ムナールの地では十年前から噂され、いよいよその日が近づくと、トゥラー、イラーネク、カダテロンはもとより、ムナールの全都市やその彼方の地から、馬や駱駝や象に乗って人びとが到来した。当日の夜には、大理石の城壁のまえに、貴顕の仮設建物や旅人の天幕がならび、湖畔一帯に浮かれ騒ぐ者たちの歌が響きわたった。宴会の広間では、王ナルギス=ヘイが征服地ナスの窖《あなぐら》からもたらされた古酒をきこしめして横たわり、祝宴にあずかる貴族やせわしく働く奴隷に取り巻かれていた。その饗宴では数多くの異国の珍味が食され、中海のナリエル諸島の孔雀、イムプランの遙かな丘陵の仔山羊、ブナジク砂漠の駱駝の踵《かかと》、キュダトリアの林の堅果や香辛料、ムタルの波に洗われた真珠をトゥラーの酢に溶かしたものがあった。饗宴にあずかる者すべての味覚にあわせ、ムナールきっての料理人たちが用意した調味料は数えきれないほどだった。しかしこれら美食のなかで最も珍重されたのは、湖で獲れた大魚であり、いずれ劣魚が、紅玉と金剛石を鏤《ちりば》めた黄金の大皿に載せて出された。
 王や貴族が宮殿内で饗宴を楽しみ、黄金の大皿を飾る魚料理をながめていたころ、他の者たちもそれぞれの場所で饗宴にあずかっていた。大神殿の塔では、神官たちが祝宴をし、城壁外の仮設建物では近隣都市の貴顕たちが楽しんでいた。そして凸状に膨らむ月からいくつもの影が湖にくだり、忌《いま》わしい緑の霧が湖から湧きあがって月にまで達し、命運つきたサルナスの塔や円蓋が、不気味な霧に包みこまれるのを最初に目にしたのは、大神官ナイ=カーであった。その後、塔にいた者や城壁の外にいた者は、湖水の上に奇怪な光を目にし、岸辺近くに高くそそりたつ灰色の岩アクリオンがほぼ水没しているのを見た。漠々とした恐怖が速やかにつのりゆくまま、イラーネクや遙かなロコルの貴顕たちは、仮設建物や天幕をたたませ、アイ河目指して出立したが、サルナスをひきあげる理由とて定かではなかった。
 やがて真夜中の刻限が近づいたころ、サルナスの青銅の城門のすべてがにわかに開き、狂乱した群衆がどっと繰り出して平原を黒ずませたので、サルナスを訪れていた貴顕や旅人も仰天してひとりのこらず逃げ出した。この群衆はことごとくその顔に、堪えがたい恐怖から生まれた狂気をまざまざとあらわし、聞き手が証を問えないほどの恐ろしい言葉を口走ったからである。恐怖のあまり半狂乱の目をした者たちが、王の宴会の広間で目にした光景を金切り声で叫びたてた。窓からのぞいてみれば、もはやナルギス=ヘイ王や貴族や奴隷の姿はなく、膨れあがった目、突き出した締まりのない唇、奇妙な形の耳をした、いいようもない緑色のものが、恐ろしげに跳ねまわり、妙な炎をはらむ紅玉と金剛石の鏤められた黄金の大皿を前脚でつかんでいたという。そして馬や駱駝や象に乗って、命運のつきた都サルナスから遁走した貴顕や旅人が、霧の立ち昇る湖をふりかえってみれば、灰色の岩アクリオンは完全に水中に没していた。
 ムナール全土とその隣接地すべてにわたって、サルナスから逃げ出した者たちの話が広まり、隊商がいくつも呪われた都とその貴金属を探したが、ついに見つからなかった。旅人がそこへ足を伸ばしたのは長い月日がたってからのことだが、そのときでさえ、あえて旅をおこなったのは、勇気と冒険心を備えた遙かなファロナの若者だけだった。ムナールの民とは縁もゆかりもない、黄色い髪と青い目をもつ雄々しい若者たちであった。事実、彼らはサルナスを目にするために湖まで行ったが、静穏に包まれた広大な湖そのものと、岸辺近くに高くそそりたつ灰色の岩アクリオンを見いだしたものの、世界の驚異であり、人類すべての誇りとするもので  


Posted by happyworld at 11:56Comments(0)

2017年09月08日

ズーラなのだ


世間に知られることなく貧困のうちに世を去った若い詩人たちのヴィジョンもある。しかしザルの草原を踏み歩く者は、二度と故郷の海岸にもどることはないといわれているがため、わたしたちはザルの斜面に足をおろすことはなかった未體驗過New Beauty HK 嘅修身療程前,以為New Beauty 只專注於美容,估唔到佢嘅瘦身療程同樣咁出色。今次體驗嘅係「TRF終極溶脂修身療程」,唔單止可以溶解脂肪,配合唔同機頭,仲可以用係面上,緊緻肌膚、撫平細紋添!

 白い帆船が神殿の建つザルの台地から音もなく離れたとき、前方遙かな水平線に、大都の尖塔《せんとう》が見え、髭をたくわえた男がわたしにこういった。「これがタラリオンと呼ばれる千の驚異の都で、ここには人間がむなしくきわめようとする神秘のすべてがあるのだ」
 そしてわたしは間近に迫った都にふたたび目をむけ、わたしの知っている都や夢に見たことのある都のどれよりも、はるかに壮大であることを知った。神殿の尖塔は頂《いただき》が見えないほどに空にそそりたち、地平線の遙か彼方にはいかめしい灰色の城壁がのびて、ごくわずかな屋根がのぞいているだけだが、異様かつ不気味なものでありながらも、豪奢《ごうしゃ》な帯状装飾や魅力つきせぬ彫刻に飾られていた。魅惑的でありながらも不快感をかきた最近睇咗有關you beauty美容中心的評價,發現裡面關於減退面上細紋的療程好似幾好,於是心心郁郁去咗優纖美容做facial,做完之後感覺都幾好,皮膚無之前咁乾,而且好水潤。

てるこの都に入りたくてたまらず、わたしは髭をたくわえた男に、巨大な彫刻門アカリエルのそばにある石造りの埠頭《ふとう》におろしてくれと頼みこんだが、男はわたしの願いをやんわりとしりぞけてこういった。「千の驚異の都タラリオンには、多くの者が入りこみながら、もどってきた者はひとりとしていない。あの都を歩くのはもはや人間ではなくなったものどもと魔物どもばかりで、通りが白いのは、都を支配する妖怪ラティを目にしたものどもの骨が、葬られもせずに散乱しているからなのだ」かくして白い帆船はタラリオンの城壁をあとにして航海をつづけ、南にむかって飛ぶ鳥のあとを追うこと長きの日々にわたったが、鳥のつややかな羽衣《うい》は鳥があらわれた空の色によく映《は》えていた。
 やがてわたしたちのまえには、ありとあらゆる色の花が咲き乱れてにぎわう美しい海岸があらわれ、内陸部では見渡すかぎり、さわやかな木立やきらめく東屋が真昼の太陽の光を浴びていた。目路のかぎりを越える亭から美しく調和した歌がわきおこり、それにかすかな笑い声がくわわっていれば、興趣つきせぬものがあり、はやる気持にかられるわたしは漕ぎ手たちをせきたてた。髭をたくわえた男は何も語らず、船が百合のならぶ海岸に近づくあいだわたしを見つめているだけだった。突如として、花の咲き乱れる草原と緑したたる林から風が吹き、あるにおいを運んできたために、わたしは震えあがってしまった。風はいよいよ吹きまさり、あたりの大気は疫病に襲われた邑《まち》や暴かれた墓地の慄然《りつぜん》たる死臭にみなぎった。そして白い帆船が忌わしい海岸からあわただしく離れたとき、髭をたくわえた男がようやく口を開いてこういった。「ここは歓楽かなわぬ土地ズーラなのだ」
 かくして白い帆船はまたしても天の鳥を追い、かぐわしい微風が慰撫《いぶ》するように吹く、暖かい恵みの海を渡っていった。日に日を重ね、夜に夜をついで航海がつづくなか、満月の夜には漕ぎ手たちの低く静かな歌声に耳をかたむけたが、その歌声の耳に快いこと、遙かな故郷から船出したあの遠い昔の夜と変わるところがなかった。燦然《さんぜん》たる弧を描いて上空で接する水晶の双子岬にまもられる、ソナ=ニルの港についに投錨《とうびょう》したのは、月光を導きにしてのことだった。これは夢幻の土地であり、わたしたちは月光の造りだす黄金の橋を渡って、緑の草木に覆われた岸に上陸した。
 ソナ=ニルの地においては、時間も空間も、苦しみも死も存在せず、ここでわたしは永劫《えいごう》とも思えるときをすごした。木立や牧草地は緑につつまれ、花は色あざやかでかぐわしく、せせらぎは青くさわやかな音をたて、泉は冷たく冴《さ》えわたり最近睇咗有關you beauty美容中心的評價,發現裡面關於減退面上細紋的療程好似幾好,於是心心郁郁去咗優纖美容 facial,做完之後感覺都幾好,皮膚無之前咁乾,而且好水潤、神殿や城や邑は堂々として豪奢、それがソナ=ニルなのだ。美のつきせぬ景観の彼方には、さらに美しい景色がうち広がっていれば、この地に涯《はて》というものはない。田園地帯や壮麗な邑の只中《ただなか》を、幸福な民びとが自在に歩きまわり、これら民びとはひとり残らず無傷の優雅さと至純の幸福に恵まれている。永劫とも思えるあいだわたしはその地  


Posted by happyworld at 11:35Comments(0)

2017年08月30日

むことはでき


宝庫のような魔的な伝承の知識がきれぎれにひらめいては消えていった。狂えるアラブ人アブドゥル・アルハザードの書き記した章句、ダマスキウスの悪夢めいた外典の一節、ゴーティエ・ド・メッツの狂乱した『世界の実相』の忌《いま》わしい文章等々。わたしは狂おしい章句を復誦し、アフガニスタンのオクサス川を悪鬼どもと漂ったアフラシアブのことをつぶやいた。そのあと、ダンセイニ卿の物語の一節――「光を照りかえすこともない深淵の暗黒」――を何度となく唱えた。勾配が驚くほど急になったときには、恐ろしさのあまり唱えられなくなるまで、トマス・ムーアの詩の一節を歌うように繰返し口にした視光師
 
[#ここから2字下げ]
蝕にあう月の薬種にみたされて
霊薬抽出されん魔女の大釜のごと、
黝《かぐろ》なる闇にひそみし溜池なり。
かの水淵に足を踏みいれ、進みえるやをうかがわんとて
跼《せぐくま》らば、われは見たり、
視界のとどくかぎりまで、
破璃《はり》のごと、なめらかなる漆黒の縁を。
死神の所領より軟泥の岸にまで広がりたる
黯黒《あんこく》の瀝青《れきせい》もて、塗りあげられたるばかりかと思われけり。
[#ここで字下げ終わり魚肝油 維他命
 
 足もとにまた平坦な地面を感じたとき、わたしにとって時間はもはや存在していなかった。いまや遙かな頭上に位置するあの二つの神殿の内部より、やや天井の高い場所にわたしはいるのだった。直立することはできなかったにせよ、膝をついて進、わたしはうずくまって、足をひきずりながら、でたらめにあちこちを這いまわった。ほどなく、いまいる場所が、上面ガラスばりの木製の箱が両側に立ちならぶ、狭い通路であることがわかった。このような古生代の地底で、磨きぬかれた木とガラスの感触を得たわたしは、それが意味するものを考え、総身《そうみ》に鳥肌がたつ思いがした。箱は通路の両側に規則正しい間隔をおいてならんでいるらしく、長辺を壁に平行にしていて、形といい大きさといい、忌わしいほど棺桶に似ていた。さらに詳しく調べるため、二、三の箱を動かしてみようとした結果、しっかりと固定されていることがわかった。
 その通路が長いものであると見当をつけたわたしは、もがきながら急いで這い進んだ。あの真暗《まやみ》のなかにわたしをながめる目があったなら、いかにも恐ろしげな姿に見えたことだろう。這い進むうち、ときとして左や右にそれ、体があたることによって壁と箱の列がなおもつづいていることがわかった。人は心の目に思いうかべながら考えることに慣れている。わたしは闇のなかにいることをほとんど忘れはて、あたかも実際に目にしているかのように、木とガラスで造られた箱が単調にならぶ、天井の低い、果しない通路を思い描いていた。しかしやがて、いいようもない感情のうねりのうちに、わたしは実際に目にしたのだ修身
 思い描く情景がいつ現実の光景に転じたのかは、わたしにはわからない。前  


Posted by happyworld at 12:08Comments(0)

2017年08月09日

えているのは

   
あのエドワードにもどっているのだから、力をかしてやらなければならなかった。
 楡が弧を描く闇のなかにドアを開けると、ほとんどうちのめされてしまいそうな、たえられない悪臭をはらむ風が吹きこんだ。わたしは吐気のあまり喉がつまったが、その瞬間、はなはだ成長をそこなわれ、背をまるくした人の姿が戸口にかろうじて認められた。あのならし方はエドワード独特のものだったが、この発育不良の不潔な畸形は何者なのか。エドワードはあっというまにどこへ行ってしまったのか。わたしがドアを開ける一瞬まえまで呼鈴がなっていたのに醫學美容 價錢
 戸口にいる者はエドワードの外套を着ていた――裾はほとんど地面にふれ、袖はまくりあげられていてもなお手を隠していた。頭にはソフト帽を目深《まぶか》にかぶり、黒いシルクのマフラーで顔をつつんでいる。わたしがよろめく足を一歩まえにだすと、その小人は電話で聞こえたのと同じ、液体がたてるような音――ゴボゴボという音――を発し、鉛筆の先につきさした、びっしりと文字の書かれている大きな紙をわたしにさしだした。わたしはいいようもなく恐ろしい悪臭のために、なおも目がまわりそうな状態だったが、紙をつかみ、戸口からもれる光で読もうとしたPretty renew 雅蘭
 紛れもなくエドワードの手になるものだった。しかし呼鈴をならすほど近くに来ながら、いったいどうしてわざわざ書いてきたのだろう。記された文字がぎこちなく、乱雑で、震うしてなのか。ぼんやりした光のもとでは判読できないので、わたしはホールにひきかえしたが、小人は敷居に立ちながら、機械じかけの人形のように足を踏みならした。この奇妙な使者の臭たるや、実に悍ましいもので、わたしは妻が目を覚ましてやって来ないことを願った(ありがたいことにこの願いはかなえられた)。
 やがて、わたしは読みつづけているうちに、膝の力が抜けてしまい、目のまえがまっ暗になった。気がつくと床に倒れこんでいて、あの呪わしい紙を恐怖のあまり硬直した手でなおも握りしめていた。こう記されていたのだ。
 
[#ここから2字下げ]
 ダン、精神病院に行ってあれを殺してくれ。根絶やしにしてくれ。あれはもうエドワード・ダービイじゃない。あれが――アセナスが――ぼくを奪い去ったんだ。そのアセナスは三ヵ月半まえに死んでいる。家から出て行ったといったけど、嘘なんだ。ぼくが殺した。殺さなきゃならなかったんだ。突然のことだったが、あのとき家にいたのはぼくとアセナスのふたりきりで、ぼくは自分の体のなかにいた。ぼくは燭台を目にしてひっつかみ、アセナスの頭をくだいた。アセナスは諸聖徒日に何としてでもぼくの体を自分のものにするつもりだったんだ打下巴 幾錢
 ぼくはアセナスを屋敷から離れた地下の貯蔵庫に埋め、その上に古い箱をいくつも置いて、証拠になるものをすっかり消し去った。翌朝屋敷にもどった召使たちは怪しんだが、やつらにも秘密があるから、警官と顔をあわせられるわけが  


Posted by happyworld at 11:36Comments(0)

2017年07月25日

ルガラスは言った


ろう、おじいさん?」ガリオンは低いDerma 21 試做でたずねた。
「わしにもよくわからん。しかし、サルディオンではないかと思う。あの洞窟にサルディオンがあるのはわかっておる」
「そうなの?」
「もちろんだ。対決のとき、〈珠〉とサルディオンはおまえとザンドラマスが対峙するように、対峙しなければならんのだ。サルディオンを盗んだあのメルセネの学者――センジがわしらに話してくれた学者――はガンダハールの南端を船でまわって、この海域で行方不明になった。単なる偶然にしてはできすぎている。サルディオンが学者をあやつっていたのだ。学者はあの石が行きたがっていた正確な場所ヘサルディオンを運んだのだよ。サルディオンはかれこれもう五百年もあの洞窟でわしらを待っているのだ健康飲食声」
 ガリオンは肩ごしにうしろを見た。剣の柄《つか》には革の袋がかぶせられていたが、もし反応していれば、〈珠〉の静かな輝きが見えるのは絶対に確かだった。「〈珠〉はつねにサルディオンの存在に反応するんじゃないのかい?」
「まだ距離がありすぎるのかもしれん。わしらはまだ海の上だからな。広々とした海原は〈珠〉を混乱させるのだ。ことによると、〈珠〉がサルディオンから隠れようとしているのかもしれん」
「そんな複雑なことをじっさいに〈珠〉が考えられるのかい靜脈曲張? ぼくの気づいたところだと、ふだんの〈珠〉はひどく子供っぽいんだよ」
「〈珠〉を見くびってはいかんぞ、ガリオン」
「じゃあ、すべてつじつまがあうわけだな?」
「そうでなくてはならんのだ、ガリオン。そうでなかったら、あす起きるはずのことが起きなくなる」
「どうだったの、おとうさん?」かれらが船室にふたたび入っていくと、ポルガラがたずねた。
「たしかにあの洞窟になんらかの火がある」ベ。しかし、かれの指は他のことをポルガラに伝えていた――(それについては、船長がいなくなってからもっとくわしく話す)――ベルガラスはクレスカのほうを向いた。「つぎの干潮はいつだね?」
 クレスカは目をすがめて計算した。「いま終わったところだな。これから潮が満ちてくる。つぎの干潮は夜明けごろだろう。おれの観察が正しければ、大潮になるはずだ。さてと、おれは上へ行くからみなさんはそろそろ休んだほうがいい。あしたは大変な一日になるみたいだからね」
「ありがとう、クレスカ船長」ガリオンは船乗りの手を握った。
「それは言いっこなしだよ、ガリオン」クレスカはにやりとした。「ペリヴォーの王さまはこの航海のためにたっぷり報酬をはずんでくれたんだ。お安い御用さ」
「なるほど」ガリオンはにやりと笑いかえした。「友人の懐具合いが豊かになるのを見るのはいいものだ」
 船長は声をたてて笑うと、酔ったような足  


Posted by happyworld at 19:12Comments(0)

2017年07月11日

ラテン語ですけ


「雨に遭われなすったんじゃな」老人がいった。「この家の近くにおられて、分別よく入ってこられたことをうれしゅう思うとります。わしは眠っとったんでしょうな。そうでなきゃ、入ってこられるのが聞こえたじゃろうに。もう昔のごと若くはありませんので、近頃はようけ眠らんといかんようになっとりますのじゃ。遠くからやって来なさったのかな。アーカムへ行く者もおらんようになったけ、そこん道で人を見かけることものうなってしまいましたわ陽光女傭
 わたしはアーカムへ行くつもりだといい、勝手に家に入ったことをあやまった。老人はつづけた。
「お若い方、お会いできてうれしゅう思うとりますよ。こんあたりじゃ新しい顔を目にすることはめったにありませんからのう、このところ元気づけられるようなことはとんとありませなんだ。お見うけしたところ、ボストンのお人のようじゃが。わしはボストンへ行ったことはありませんが、町のお人は一目でわかりますのじゃ。八四年には分教場の先生になりに来た人がひとりおったが、急に姿を消してしもうて、そのあとは噂一つ聞いとりません……」そういって老人はふくみ笑いをしたが、わたしがたずねても、笑ったわけはいわなかった。このうえなく上機嫌でいるようだったが、身つくろいからうかがえるように、奇癖をももちそなえているらしかった。しばらく老人は熱にうかれたような愛想の良さであれこれしゃべっていたが、わたしはふと、ピガフェッタの『コンゴ王国』のような稀覯書をどうして手にいれたのかたずねてみたくなった。あの本からうけた影響はまだ残っていて、本のことを口にするにはややためらいがあったが、しかしはじめてこの家を目にして以来、着実に高まっている漠然とした恐怖のすべてを好奇心が圧倒した。安心したことに、わたしの質問は無作法なものではなかったらしく、老人はよどみなくあけっぴろげにしゃべった陽光女傭
「ああ、あのアフリカの本のことですな。六八年にエベネザー・ホールト大尉から手にいれたのですじゃ。あん人も戦死してしまいましたな」エベネザー・ホールトという名前を聞いて、わたしはきっと視線をあげた。わたしは家系上の調査でその名前を耳にしていたが、独立戦争後のどんな記録にあたっても載っていないのだ。骨をおっている仕事に力をかしてもらえるのではないかという気がしたが、その点についてはあとでたずねることにした。老人はつづけた。
「エベネザーは何年間かセーレムで商人をやっとりましてな、港々で妙なものを手にいれておりましたよ。あの本はロンドンで見つけたんじゃろうと思います。ロンドンの店で買うのが好きじゃったから。一度馬を売りに、丘にあるエベネザーの家に行ったときあの本を見たんですわ。挿絵がえろう気にいったけ、馬と交換しましてな。妙な本ですのう。眼鏡をかけんと……」老人はぼろのなかに手をいれ、驚くほど古風な、汚れた眼鏡をとりだした。小さなレンズは八角形をしていて、枠は鉄製だった。その眼鏡をかけると、テーブルにあった本を手にして、いとおしむようにページをめくった。
「エベネザーはこの本をちいとは読みよったが、わしにはちんぷんかんぷんですのじゃ。二、三人の先生にすこし読んでもろうたり、クラーク牧師に教えてもろうたりしたもんです。クラーク牧師は池で溺《おぼ》れ死んだそうじゃよ。あんたさまにはわかりますかな」わたしは読めるといい、冒頭のあたりを翻訳してやった。まちがえたかもしれないが、老人はわたしの誤訳を指摘できるほどの学者ではなく、わたしに翻訳してもらうことで子供のように喜んでいるようだった。そのはしゃぎようはむしろ不快なほどのものにまでなったが、わたしには老人の感情を害することなくきりあげる方法がわからなかった。読めもしない本の挿絵をこの無学な老人が子供のように愉《たの》しんでいることをわたしは面白がり、部屋のなかにあるわずかばかりの本も、はたしてどの程度読めるのだろうかと思った。純朴さが示されたことで、わたしがおぼえていた漠然とした不安はほとんどぬぐい去られ、老人が話しだしたときには笑みさえうかべた。
「絵が人間に考えさせるとは妙なものですのう。ほれ、陽光女傭この最  


Posted by happyworld at 12:20Comments(0)

2017年06月23日

と同じようにする


呼吸をしている感じもない。
 なるほど、つまりこれが頭髮出油
「最新鋭擬似人間型ロボット………じゃ」
 確かに、ほとんど人の形をしている………。
 ほとんどというか、もう完全に人だ。
 腕に触れてみた。
 皮膚だ。
 完全に皮膚だ。
 コレはすごい。関節や髪の毛、どこをどう見ても人間そのものだ。
 確かに、現在老人ホームなどで使われているコミュニケーション型ロボットは人間に近い。
 しかし、やはりところどころ動きが堅航天科技かったり、あるいは体つきも上手く表現できないが、人間のものとは言いがたい一面があった。
 でもこれはどうだ?
 もう、まごうことなき20代前半の男性だ。
 この人が街並みを歩いていたら、絶対に人間だと思うだろう。
 そう思っていたときに、さらに驚いた事実に当たった。
「………うそ?………暖かい」
 暖かい。
 機械なのに、ロボットなのに、暖かい。
「そうじゃ。この機械には、体温がある。人間と同じく、36度前半で保たれている」
「………どうして?そんなの、必要ないじゃないか」
 そうだ、体温なんて必要ない。
 人間と外見上同じくすることには大きく意味がある。
 例えば、先ほど挙げた老人ホームの例はまさにその典型だ。
 他にも町を歩く警備用ロボットを私服にして、人間なら犯罪の検挙率が大幅に増加するだろう。
 人間はやはり人間と同じ形であればそれだけ安心感がある。
 だから人間と同じ形にするのには大きな意味があるのだ香港強脊會
 しかし、体温を同じにするとなると話は変わってくる。
 体温を同じにする必要などありはしない。
 その分発熱しなくてはいけないし、温度が上がりすぎ  


Posted by happyworld at 11:35Comments(0)

2017年06月02日

いかけているの

 
たことを知った。朝にはその地点は足の下にあって、午後には南東に昇り、そしていまはおおよそ南に位置して東のほうに移ろうとしているのだ。この新しい事避孕方法態は何を意味するのか。もしかして狂だろうか。こんなことはいつまでつづくのだろう。ギルマンはまたしても決然とした意志を奮い起こし、むきをかえると蹌踉《そうろう》とした足取りで、薄気味悪い古びた家にもどった。
 マズレヴィッチが玄関で待っていて、不安そうにしぶしぶといった感じで、また新たな迷信がかった話を囁《ささや》きかけた。魔女の光についてのことだった。ジョーは昨夜――マサチューセッツでは愛国者記念日にあたるので――祝祭にでかけ、帰ってきたのは真夜中だったという。外から家を見ると、最初はギルマンの部屋の窓が暗くなっているような気がしたが、やがて窓のなかにかすかな菫色の輝きを見た。アーカムに住んでいる者なら誰でも、それがブラウン・ジェンキンと老婆キザイア・メイスンの幽霊の近くで踊る、魔女キザイアの光だということを知っているので、ジョーはそのことをギルマンに注意したくなったのだった。いままで魔女の光のことは話さずにいたが、部屋の窓にその光が見えたことは、キザイアと長い歯をもつ使い魔が若い旦那にとり憑《つ》いていることを意味するのだから、どうあっても話さないわけにはいかない。ジョーとポール・コインスキと家主のドンブロフスキは、若い旦那の部屋の上の鎖《とざ》された小屋裏の割れ目から、その光がもれだすのを見たように思ったことがあったが、そのことは話さずにおくことで意見を一致させていた。けれどいまとなっては、culturelle兒童益生菌若い旦那は部屋を移って、イヴァニツキ師のような敬虔《けいけん》な神父から十字架をもらったほうがいいだろう。
 マズレヴィッチがそんなことを漫然と話しているうちに、ギルマンはいいようもない恐怖に喉《のど》がつまりそうになった。昨夜帰ってきたとき、ジョーがほろ酔い機嫌だったにちがいないことは知っていたが、そうであっても、屋根裏部屋の窓に菫色の光を見たということは、恐ろしい意味あいをはらんでいた。ギルマンが未知の深淵に飛びこむ際の前段階となる、あのくきやかで鮮明な夢のなかで、老婆と小さな毛むくじゃらの生物のまわりにいつも踊っていたのも、おなじ類の揺らめく輝きであって、目を覚ましている別の者に夢の輝きが見えるというのは、まったく正気では考えられないことだった。しかしこのジョーという男はいったいどこでこんな奇妙な考えを聞きこんだのだろうか。もしかして自分は眠っているあいだに、家のなかを歩きまわるのと同様に、あれこれしゃべったりもするのだろうか。ギルマンがその点を問いただすと、ジョーはそんなことはないといった――けれどこのことは確かめなければならなかった。おそらくフランク・エルウッドなら何かを教えてくれるだろうが、ギルマンとしてはたずねたくない心境だった。
 熱――あられもない夢――夢遊病――幻聴――空の一点に引きよせる力――そして今度は常軌を逸した眠りながらしゃべるという疑い。どうやら研究をつづけるのをやめ、神経科の専門医に診てもらい、自分をとりもどさなければならないようだった。ギルマンは二階に登ると、エルウッドの部屋のまえで立ちどまったが、この若者は外出していた。それでしかたなく階段を登りつづけて屋根裏部屋に入り、闇のなかで腰をおろした。視線がなおも南西にひきよせられたが、それ成人益生菌とともに、いつしか頭上の鎖された小屋裏に何か物音はしないかと一心に耳をこらし、傾いた低い天井のごく小さな割れ目から、凶まがしい菫色の光がもれているように思ってしまうこと  


Posted by happyworld at 11:44Comments(0)

2017年05月22日

まではしなかった


ツェはこういいながら、テーブルにあった象牙細工almo nature 狗糧をとりあげてポケットにいれ、吾輩の腕をつかんで甲板に通じる昇降口へひっぱっていこうとした。たちまち吾輩は、クレンツェめがハッチを開けて吾輩と共に水中にとびだすつもりでいることを察知したが、一蓮托生をたくらむ自殺狂の奇行になどつきあいきれるものではなかった。踏みとどまってなだめすかそうとしたものの、ますます乱暴になるばかりで、かくのごときことを口走った。「さあ、来るんだ――ぐずぐずしていたってしかたがない。こばんで死を宣告されるよりは、悔いあらためて許されるほうがいいんだから」吾輩はなだめすかせる考えを改め、おまえは狂っている、憐れむべき狂人にちがいないといってやった。しかしクレンツェは動じることもなく、こう叫んだ。「おれが狂っているのなら、それは慈悲というものだ。無神経なあまり悍《おぞ》ましい最期にも正気でいられる者に、神々の憐れみがあらんことを。さあ、彼が慈悲をもってまだ呼んでくれているうちに、きさまも狂ってしまうんだ」
 こうした言葉をわめきちらしたことで苦悩がすこしはやわらいだのか、これだけいうとかなり穏やかになり、同行しないのなら自分一人だけでも行かせてほしいといった。採るべき道はたちまち明らかになった。クレンツェはドイツ人ではあっても、ラインラントの平民にすぎず、いまや危険を内に秘めた狂人になりはてているのである。自殺の要求をうけいれてやれば、吾輩はもはや同輩どころか脅威となっているこの男から即刻解放されるのだ。吾輩は出ていくまえに象牙細工を渡してくれといったが、この要求にクレンツェが薄気味悪い笑いをあげたため、おなじ言葉を繰瑞戈非尼返すこと。そして吾輩が万一にも救出される場合があるやもしれぬので、ドイツの家族に渡す形見の品や髪の毛をのこすつもりはないかといってみたが、またしても妙な笑いをあげるばかりであった。こうしてクレンツェが梯子《はしご》を登っていくと、吾輩はレヴァーのまえに立ち、しかるべき間隔をおいてクレンツェを死におくる装置を作動させたのである。クレンツェがもはや艦内にいないことを知った後、最後にひと目その姿を見ようと思い、探照灯の光をあたりに投げかけてみた。理論的に推定されるがごとく、クレンツェが水圧によって押しつぶされるのか、はたまた例の尋常ならざるイルカどものごとく、何の影響もうけずにいるのか、それを確かめたかったからにほかならない。しかしながらイルカどもが司令塔のまわりに不可解にも密集していれば、同輩の最後の姿を見つけだすこともかなわなかった。
 その日の夕方、あの象牙細工のことが心にとりついてはなれず、哀れなクレンツェが立ち去るときにポケットからくすねなかったことを悔んだ。月桂冠を頭にいただく美貌の若者の顔がどうにも忘れられなかったのだが、かといって吾輩は生来芸術家などではない。話相手がいなく大腸癌口服標靶藥なったことをも残念に思った。クレンツェは知性の面で吾輩と対等の相手ではなかったにせよ、誰もいないよりはましだからである。その夜はよく眠れず、い  


Posted by happyworld at 12:24Comments(0)

2017年05月12日

おかた見当


きたのかな?」
ジェイコブはガイドウェイにもどりながら考えたSuisse Reborn 好用。〝母国独自の原音にそった発音〟などというものを作ったのは、どこのどいつだ。だれだかわかったら、くびり殺してやる
「ぼくがここへきたのは、コンサルタントとしての仕事をはたすためさ。きみの言うのが地球外種族のことだとしたら、たしかに彼らもぼくの顧客のなかに入ってるよ。くわしいことは言えないがね」
「なるほど、極秘中の極秘というわけだ!」ラロックはからかうように指を一本ふって、「そんなにジャーナリストをいじめるもんじゃないぜ! あんたの仕事とやらはおれの仕事と同じかもしれんのだから! ところで、ル・モンドのトップ・レポーターが、なんでこんなさいはての地にいるのか、不思議に思うだろう?」
「それよりも──なんでこんなさいはての地の安利傳銷どまんなかでヒッチハイクをしてたのか、そっちのほうが不思議だな」
ラロックはため息をついた。
「さいはての地、ねえ。まさにそうだ! 地球を訪れた高貴なる異星人が、ここやらアメリカ州のアラスカやら、ひどい僻地にとじこめられていなきゃならんとは、なんとさびしい話だ!」
「ハワイ、カラカス、スリランカ、このへんはみんな、州都だぞ」とジェイコブ。「しかし、どうしてきみがここへ……」
「どうしておれがここへ派遣されたかって? そう、もちろんさ、デムワ! しかしだ、ここはひとつ、おたくの有名な演繹能力のご披露といこうじゃないか。おはついてるんだろう?」
ジェイコブはうめき声を押し殺した。車をガイドウェイから出し、アクセルをぐっと踏みつける。
「それよりもっといい考えがある。なぜ荒野のまっただなかで立っていたのか話してくれる気がないのなら、ある謎を解いてくれないかな」
ジェイコブは障壁でのできごとを話して聞かせた。ラロックがフロソトガラスの穴に気づかなければいいがと願いながら、あの投石事件には触れないようにして、ジェイコブは慎重に、例のしゃがみこんでいた男のふるまいを語った。
「そいっは決まってるさ!」ラロックが大声で言っ楊婉儀幼稚園た。「わかりきったことじゃないか! あんたたちの使う、〝永久要観察者〟の頭文字がヒントだよ。それにしても、あの分類のしかたはひどすぎる。一個の人間の人権を否定し、親となる権利も選挙権も……」
「そんなことはとっくにわかってる! ぼくは昔から反対派だ.よげいなおしゃべりはしなくてもいい」ジェイコブはちょっとのあいだ考えこんだ。永久要観察者《パーペチュアル・プロペイショナー》の頭文字は、なんだった?  


Posted by happyworld at 12:01Comments(0)

2017年05月04日

わたしの場合


おちいってから書きつづけていた記録が、すべて焼きはらわれていることを示していた。ウィルスン医師はわたしの呼吸がきわめて異常なものであることに気づいたが、皮下注射をすると正常に近いものになった。
 九月二十七日の午前十一時十五分、わたしは激しく体を動かし、それまで仮面のようだった顔に、表情らしきものがあらわれはじめた。ウィルスン医師は、その表情がわたしの第二人格のものではなく、わたし本来のものによく似ていることに気づいた。十一時三十分頃、わたしは何かきわめて不思議な言葉――人間の言葉とはまったく関係がないように思える言葉――をつぶやいた。わたしは何かを相手にもがいているようでもあった。そして正午をすぎた頃窩輪報價――家政婦と女中は既にもどってきていたわたしは英語でつぶやきはじめた。
「……当時の正統派の経済学者たちのなかで、ジェヴァンズは科学的相関関係にむかう世間一般の趨勢を代表している。繁栄と衰退の商業的周期を、太陽黒点の物理的周期に結びつけようとするジェヴァンズの試みは、おそらく……」
 ナサニエル・ウィンゲイト・ピースリーがもどってきたのだ――心をなおも一九〇八年の木曜日の朝に残し、教壇の古びた机について、経済学の教室に目をむけたまま中三數學
 
 正常な生活へ復帰するには、骨のおれる困難な過程を経なければならなかった。五年以上もの歳月の損失は、想像できる以上に厄介な問題を生みだしており、、順応しなければならない事柄がそれこそ無数にあった。
 一九〇八年以降の自分の行動について耳にするにつけ、わたしは驚いたり、心をかき乱したりしたが、できるだけ冷静に見つめようと心がけた。ようやく次男のウィンゲイトをひきとってクレイン街の自宅におちつくと、大学での講義を再開するための努力をした――大学当局が親切にも、以前の教授の職につくよう申しでてくれていた。
 一九一四年二月の学期から、わたしは大学で講義をはじめ、ちょうど一年間それをつづけた。その頃には、自分の体験によってひどく心を乱してし辦公室屏風まっていることがわかった。完全に正気を保ち――そう願っていた――本来の人格には疵《きず》一つないというのに、わたしにはもうかつての気力はなかった。ぼんやりとした夢や奇妙な考えが頭にとりついて離れず、世界大戦の勃発がきっかけとなって歴史に目をむけたのだが、さまざまな時代や出来事を、奇妙きわまりないやり方で考えだす始末だった。
 時間についての概念――連続性と同  


Posted by happyworld at 12:02Comments(0)

2017年04月26日

で微妙な変化をして


やがて実りと収穫の季節になった。梨や林檎がゆっくり熟していき、ネイハムはいつにない豊作が期待できると確信した。果実は驚くべき大きさに成長しNeo skin lab 美容て、色艶《いろつや》も素晴しく、その数も多かったので、収穫に備えて樽が追加注文されたほどだった。しかし熟成期になると、ネイハムは苦い失望を味わわされることになった。大きく色艶もいい素晴しい果実のすべてが、一つとして、とても食べられるしろものではなかったからだ。梨と林檎のさわやかな甘みのなかに、吐気をもよおす苦みがまじっていて、すこし噛んだだけでも口のなかに長く不快感がのこるのだった。メロンとトマトも同様で、ネイハムは収穫物のすべてが失われたことを悲しくも理解した。すぐにさまざまな出来事を結びつけたネイハムは、隕石が土を汚染したのだと断言して、ほかの収穫物の大半が道に沿う高台にあることで、神に感謝した。
 早ばやと訪れた冬は非常な寒さをもたらした。アミはネイハムを見かけることがすくなくなり、たまに会うネイハムが、いつも心配そうな顔をしていることに気づいた。ネイハムの家族も口数がすくなくなっていくようで、教会に行ったり社交の場に顔を出したりすることもまれになっていた。この遠慮というかふさぎこみには、何の原因も思いあたらなかったが、家族の誰かがときとして、健康を害しているとか、漠然とした不安感に悩まされるとかいうこともあった。ネイハム自身は、雪のなかにのこる足跡に心かき乱されたのだと、具体的なことをいった。いつも暑假旅遊冬に見かける赤栗鼠や白兎や狐の足跡だったが、深く考えこむネイハムには、そんな足跡の形やならびかたが、どこやら妙に見えたのだ。どこがどう妙なのかと、そこまではっきりいえるものではないのだが、栗鼠や兎や狐の体形と習性からして、とてもそんな足跡がつくはずがないと思えるようなものだった。アミは興味もなくこの話に耳をかたむけたが、ある夜、クラークズ・コーナーズから橇《そり》でもどる途中、ネイハムの住居を通りかかったときに、事情は一変した。月が出ている夜の道を、一匹の兎が横切っていったのだが、兎の跳ぶ距離が異常に長く、アミもアミの馬も動揺した。事実、馬は驚いて、手綱《たづな》をしっかり握ってとめなければ、逃げだしてしまいかねないほどだった。その後、アミはネイハムの話に注意をはらうようになり、ネイハム・ガードナーの犬たちが毎朝おどおど不安そうにしているのを不思議に思った。犬たちはもう吠える元気もなくしているほどだったのだ。
 二月にメドウ・ヒルからマーモットを捕りに来たマグレガー家の少年たちが、ガードナー家からほど遠くない場所で、きわめて奇妙なマーモットをつかまえた。体形が描写も不可能な感じいて、顔にはマーモットらしからぬ表情があった。少年たちは心底おびえきって、すぐに投げだしたので、周辺の人びとには奇怪な話が伝わっただけだった。しかしネイハムの家の近くにさしかかると馬が妙におどおどすることが、まもなく知れわたるようになり、後に声を潜めて話される伝説の土台が、速《すみ》やかに一つの形をとりはじめた。
 人びとは口をそろえて、ネイハムの家のまわりではどこよりも早く雪が溶けると断言し、三月のはじめには、クラークズ・コーナーズにあるポターの雑貨店で、恐れおののく農夫たちがあれこれ議論をたたかわせた。スティーヴァン・ライスが朝にガードナー家の農場を通りかかり、道の反対側にある林のそばの泥濘《ぬかるみ》に、ミズバショウが生えているのに気づいたのだった。これまで見Amway安利たこともないような大きさで、言葉ではあらわせない不思議な色をしていた。形はばけものじみていて、まったく前代|未聞《みもん》の臭に馬がいなないた。その日の午後、何人かの者がこの異常なものを見に行って、こんな植物がまっとうな土地に育つはずがないと誰もが思った。前年の秋のひどい果実のことがさかんに口にされ、やがて口伝《くちづ》てにネイハムの土地が汚染されていると噂されるようになった。もちろん原因は隕  


Posted by happyworld at 11:38Comments(0)

2017年04月20日

の情報によります


になった。
 ロボットはすでに人間と同様の権利を得つつあるのが実情だ。
 ………こんな感じでロボット談義口服 避孕 藥は終わらせたい。
 とにかく科学技術の発展はほんと、めまぐるしい。
 なんでも出来るに違いない。
 そう思っていた。
AIの言うことを無視しながら、雑然としたベッドルームでベッドに座りながらコーヒーを飲み、
 相変わらずただただ映っているテレビの光を瞳に反射させながら、
 今日はどうしようかずっと考えていた。
 あいつのところに行くのもいいかな。
 いや、今日は真面目にバイト行くかな。
 おいおいなに考えてるんだか、真面目に行くって、ついにAIにあてられたか、俺。
 そんな逡巡の中で、変化が訪れた。
 全てを覆すほどの変化。
『臨時ニュースをお知らせします』
 一瞬にして、画面が変わった。
 さっきの芸能リポーターはどうしたのだろう?
 明らかに低俗そうな顔立ちの芸能リポ均衡飲食ーターは消えうせ、きちんとスーツに身をこなしたアナウンサーらしき男性が画面に映っていた。
 不思議に思う俺に、画面は容赦なく事実をたたきつける。
『臨時ニュースをお知らせします。宇宙管制司令室からと、第5惑星ガイルのそばを通過中の超巨大隕石・通称“ジータ”は 原因不明の爆発を起こし、大小二つに分断。当初予想されていた軌道を大きくずれたその大きな方の隕石が第5惑星ガイルの重力によって砕かれ、 そのまま第5惑星ガイルの引力を利用して半周するように加速。粉砕された8000以上もの細粒が現在このエンデに向かって接近中。繰り返します。現在』
「………は?」
 俺は固まった。
「いや、だからこの惑星エンデに向抗衰老護膚品かって8000以上もの小隕石群が接近中なのです」
「それは分かる」
 俺はAIの言葉に一応返事をしておいた。
 なおもアナウンサーは淡々と事実を述べているだけだ。
 おいおい、待てよ。  


Posted by happyworld at 11:34Comments(0)

2017年04月13日

や不思議な場面


異常なまでに荒あらしいものだったからだ。ジャーミン邸にごくわずかなあいだいたときは、邸宅の遠い翼にいて、夫だけから世話をうけたといyou beauty 做 facialう。事実、ウェイド卿はことのほか気をつかっていた。アフリカにもどったときも、ギニアから来た穢らしい黒人女以外に、幼い息子の世話をさせようとはしなかったからだ。レディ・ジャーミンが亡くなって帰国してからも、息子の世話は自分ひとりでおこなった。
 しかしこうしたことは、ウェイド卿自身がたいていお茶を飲みながら話したことで、友人たちはこんな話から卿が狂っていると思うようになったのだった。十八世紀のような理性の時代にあっては、学識ある者が、コンゴの月のもとでの異様な光nuskin 如新景、つまり崩れはてて蔓のはびこる忘れ去られた都市の巨大な壁や柱、地下の宝物庫や測り知れない納骨所の闇に果しなく通でも高めたのは、このロバートだった。一八一五年にロバート卿は七代目子爵ブライトルムの娘と結婚して、次つぎに三人の子供をもうけたが、最初に生まれた子と最後に生まれた子は、心身と
 
だけだろうが、顕著な二つの特徴だけはここに書いておかなければならない。ウェイド・ジャーミン卿のアフリカ探検の覚書と、白い神や類人猿の王女にまつわるコンゴの伝説に、忌わしくも符合するものだからだ。問題の二つの特徴とは次のようなものだった。木乃伊《ミイラ》の首にあった金のロケットにほどこされていた紋章はジャーミン家の紋章であり、縮んだ木乃伊《ミイラ》の顔に関連して、ヴェルハーレン氏が面白半分に似ているとほのめかしたことは、慄然たる至高の恐怖をたたえながらも、ほかならぬ感受性の強いアーサー・ジャーミン卿、その遠い祖先のウェイド・ジャーミ激光矯視 中心ン卿、そしてその未知の妻にあてはまるものだったのだ。王立人類学会は木乃伊《ミイラ》を焼却してロケットを井戸に投げこんだが、アーサー・ジャーミン卿がかつてこの世にいたことを認めない者もいる。  


Posted by happyworld at 13:00Comments(0)

2017年03月31日

うに思える骨


[#ここから2字下げ]
 イノック・ボウアン教授一八四四年五月にエジプトより帰国――七月に自由意志派の教会を買収――教授の考古学に関する著作及び隠秘学の研究は有名なり。
 一八四四年十二月二十九日、第四Foodwise紅酒バプティスト教会のドラウン博士、説教の際に星の知慧派に近づかぬよう警告せり。
 四五年末までに宗派の門徒九十七名を数えたり。
 一八四六年――三名の者失踪――輝くトラペゾヘドロンはじめて人の口にのぼる。
 一八四八年、七名の者失踪――血なまぐさい生贄《いけにえ》の話もちあがりたり。
 一八五三年の調査、成果をあげられず――音についての噂あり。
 オマリー神父、エジプトの廃墟にて発見されし箱を用いる悪魔崇拝について語る――光のなかでは存在できぬもの召喚されたる由。そのもの弱い光から逃げだすも、強い光を用いれば、一掃されんという。その場合、再度召喚せねばならぬ。あるい優纖美容はオマリー神父このことを、四九年に星の知慧派に入信せしフランシス・X・フィーニイの臨終の告白より得たるにあらぬや。星の知慧派に入信した者等いわく、輝くトラペゾヘドロン、天国や他の世界を見せ、闇をさまようもの、何らかの方法にて秘密を告げたりと。
 一八五七年、オリン・B・ユディの報告。星の知慧派の者等、結晶体を見つめることにより召喚をおこない、独自の言語をもちたりと。
 一八六三年、出征中の者を除き、門徒数二百名以上に達す。
 一八六九年、パトリック・リーガンの失踪後、アイルランド人たち教会になだれこみたり。
 一八七二年三月十四日、J紙に漠然とした記事掲載されるも、この記事につき市民は何も語らず。
 一八七六年、六名の者失踪――秘密委員会、ドイル市長を訪問。
 一八七七年二月、四月に教会を閉鎖する旨の決議おこなわれたり。
 五月、フェデラル・ヒルの住民、――博士と教区委員を脅迫。
 一八七七年の末までに一八一名の者町を離れる――名前は発表されず。
 一八八〇年頃、幽霊の話もちあがる――一八七七年以来、教会に入りし者なしとの報告の真疑を確かめるべし。
 一八五一年に撮影された写真の提供をラニガンに要求すべきなり……
[#ここで字下げ終わり]
 
 ブレイクはその紙片を手帳にもどし、手帳を上着のポケットにいれてから、埃のなかの人骨を見つめた。書きこみが意味しているものは明白で、誰も手をだす勇気のなかった特種を求め、この男が四十二年まえに無人の建物にやって来たことには、疑問の余地がなかった。おそらくこの男の計画を知っていた者はいなかったのだろう――はっきりいいきれるこ楊婉儀幼稚園 拖數とではないが。しかし男が新聞社にもどることはなかった。勇気をふるいおこして抑えていた恐怖が圧倒的なまでに高まり、突然の心臓発作でもおこしたのだろうか。ブレイクは鈍く光る人骨にかがみこんだとき、妙な状態に気がついた。骨のいくつかはひどく分断されており、奇妙としかいいようがないが、端のほうが溶けているよも二、三ある。それ以外の骨は不思議にも黄色くなっていて、焼けこげたような感じだった。焼けこげたような跡は衣服の断片のいくつかにも認められた。頭蓋骨の状態はきわめて異常だった――黄変していて、頭頂部には、何か強力な酸が硬い骨を腐食したかのような、黒こげになった穴が開いていた。四十年にわたる沈黙の埋葬のうちに、この骸骨にいったい何がおこったのか、ブレイクには想像することもできなかった。
 ブレイクはそれと意識しないまま、いつのまにかまた多面体の石を見つめていて、その奇妙な影響力が自分の心にぼんやりした幻影を呼びおこすにまかせていた。ブレイクは見た。長衣をまとい頭巾をかぶる、人間ではありえない輪郭をもつものたちの行列を。空に達するかのような、刻み抜かれた石碑の立ちならぶ、果のない砂漠の広がりを。闇につつまれる海底にある塔と外壁を。冴《さ》えざえとした紫色の霞のあわい輝きのまえで、黒い霧がたゆたっ  


Posted by happyworld at 11:44Comments(0)

2017年01月11日

は言語を絶した


全世界にテレパシー現象を起こし、高名な建築家が狂死し、哀れなウィルコックス青年が高熱に浮かされた。偶像が写し出していた太古の神、暗黒の星が劉芷欣醫生 産んだ緑色の怪物、いまやそれが目覚めて、おのれの権利を主張している。星辰がふたたび、正しい位置に戻ったのであろうか。太古以来、その信徒が幾度となく試みては失敗に終わっていた悲願が、何も知らぬ船員たちの手で成し遂げられたのだ。邪教徒たちの偉大な神クトゥルフが、数千兆年ののちに解放されて、いま、餌食を貪《むさぼ》り始めている……
逃げだそうとしたときはすでに遅く、船員の三名は軟質ながら巨大dermes 脫毛な爪に打ち潰された。神よ、彼らに安らぎを与えたまえ。この宇宙にも安らぎがあればであるが。この三人はドノヴァンとゲレラとアングストロームで、あとの三人は狂ったように、果てしなくつづくかと思われる岩山を乗り越えつつ、ボートを目指して走りに走ったが、途中で三人とも姿を消してしまった。ヨハンセンが目撃したのは、パーカーの最期の場面だけで、その死の様子が、目の狂いでないとの断《ことわ》り書つきで記載してあった。パーカーは石造物の角を曲がるとき、足をすべらして倒れた。鋭角に見えていたところが、急に鈍角に変わったからで、そのとたんに、彼の身体は石のなかに呑みこまれていった。かくして、ヨハンセンとブライドゥンの二人だけがボートにたどりつき、必死のおもいでアラート号へ漕ぎ戻った。その間、山とも見える巨体の怪物は、ぬるぬるした岩を踏んで海ぎわまで達したが、そこでやや躊《ためら》っていた。
全員が上陸して、留守にしていたにもかかわらず、アラート号の蒸気は冷えきっていなかった。二人が無我夢中で、操舵室と機関室のあいだを駆けまわると、エンジンが動きだし、船恐怖の下におかれながらも、徐々に死の海を進行し始めた。岸辺では死人を呑みこむ奇怪な石造物の上で、暗黒の星から渡来した邪教の神が、逃れ行くオデュッセウスの船に呪いの声を吐きつけるポリュペーモスさながらに、口から泡をとばして何やらわめき立てていた。しかもこのクトゥルフは、伝説に残るこの一眼巨人キュクロプス族以上にしぶとくて、たちまちそのぬらぬらした巨体を海中に滑りこませ、宇宙的な力で波を引き裂き、凄まじい勢いで追跡してきた。振り返ってそれを見たブライドゥンは、その瞬間に気が狂った。そしてその後は、思い出したように笑い声をあげる状態がつづき、ある夜、これも同様に半狂乱のヨハンセンが甲板上をうろうろしているあいだに、船室内で死んでいった。
だが、ヨハンセンは屈しなかった。アラート号のエンジンが全能力を発揮せぬうちに、怪物に追いつかれるのが必然的とみたので、一かばちかの冒険に運命を賭ける決大學網絡意をした。エンジンをフル・スピードにしておいて、電光のような素早さで甲板上を駆けぬけると、舵輪をいきなり逆回転させた。悪臭を放つ水面に渦が生じ、  


Posted by happyworld at 11:45Comments(0)

2017年01月11日

選擇you find 網絡推廣公司,讓你從此不再擔心自己網站在搜索引擎上碌碌無為了。

you find 網絡推廣公司一直都在努力不懈的幫助客戶做到的不止止是提供一個專業的網頁設計,這裡提供的還有就是針對Google、Yahoo、Baidu等搜索引擎的分析研究,對選擇you find 的客戶進行網站精准的排名提升等服務的。

當一家公司的網站剛開始建設起來時,可以嘗試對網站搜索引擎優化,針對公司的產品相關聯的關鍵字進行優化。you find 網頁優化的同時就是針對CP值較高的關鍵字做優化服務的,這樣不僅提高關鍵字的排名,更是可以降低關鍵字相關廣告費用的。不要再市場上盲目的選擇這類網路推廣公司了,you find 網絡推廣擁有專業的團隊,更是有豐富的搜索引擎優化的經驗。

選擇you find 網絡推廣公司這裡的關鍵字優化流程讓客戶能夠在網頁優化的過程清清楚楚的。you find 網頁優化前會先設定客戶網站核心的關鍵字以及衍生關鍵字;當然不同難度的關鍵字以及想達到該關鍵字的排名效果,那麼給到的價錢也是不同的;再來就是簽訂合約的內容;接下來you find 網絡推廣公司會依據客戶所指定的合約內容指定SEO的方案,為客戶所期望的排名去優化網頁和保持關鍵字的排名狀況。只有好的網路推廣才能讓你的公司產品和知名度大大提升的!  


Posted by happyworld at 11:44Comments(0)

2016年11月28日

港交所橄欖枝難撼投行初衷 A股敲鐘仍是高新企業優選項

6月16日,港交所宣布推出創新板,發布《建議設立創新板》的框架咨詢文件,其中支持“尚未盈利”、“同股不同權”的企業上市,旨在吸引“新經濟”企業。該文件將於8月18日結束咨詢,若建議獲得支持,港交所將在2018年落實創新板上市規則。

  與上壹次建立創業板不同的是,這壹次港交所目標非常明確,其中就要“爭奪內地大型新經濟企業來港上市”。

  事實上,隨著內地企業的發展,它們已經成為了各家交易所競相爭逐的新角力場。港交所迅猛出擊的同時,內地滬深交易所、全國股轉系統也在不斷優化自身的上市環境,面臨著各家交易所拋出的橄欖枝,擬上市企業或許能夠在走向公眾公司之路上獲得更從容的選擇。

  21世紀經濟報道記者調研內地創投機構、投行人士,港交所拋出的“橄欖枝”似乎難以撼動他們在設計大部分內地高新企業上市選擇地方面的“初衷”,在他們看來,盡管創新板能讓部分不符合內地上市條件的企業上市更便利,但從估值、需求等方面來看,A股仍具競爭力。

  交易所角力

  為了解決新經濟公司在香港上市的主要障礙,港交所將向“尚未盈利的公司”、“采用非傳統管治架構的公司”、“已在其他市場上市的內地公司”敞開大門。

  與創新板咨詢文件同時推出的,還有《有關檢討創業板及修訂〈創業板規則〉及〈主板規則〉的咨詢文件》,港交所認為創業板原有的“踏腳石”的定位成效有限,重新定位為壹個獨立板塊,並計劃取消創業板轉主板的簡化程序,提高上市門檻,以改善創業板的整體上市素質。

  若上述兩份文件順利實施,那麽香港上市渠道將進壹步得到完善,這與內地多層次資本市場建設極為相似,從層次來看,香港創新板與內地新三板定位相似,香港創業板則接近內地的“中小創”,這使得未來上市企業在選擇上市時有更多“可替代方案”,這也導致兩地交易所將在上市資源爭奪上競爭更加激烈。

  交易所的上市資源搶奪戰,早在三年前進入“白熱化”。阿裏巴巴曾計劃在香港上市,因“同股不同權”問題被拒,隨後在2014年赴美上市,但事情影響遠未結束,港交所在隨後的兩年內在市場上發起多輪圍繞“同股不同權”方案的討論和咨詢,希望不要再漏下“下壹個BAT”。

  同樣在2014年,深交所創業板醞釀改革,首次提出虧損互聯網企業亦可上市,並向業內進行調研。同年新三板進行史無前例的擴容,旨在吸引具有潛力的創新中小企業掛牌,2016年進壹步設立創新層。2015年上交所曾經推出戰略新興板的概念,希望吸引新興產業公司在主板上市,但最終擱淺。

  盡管內地各板塊加速提高對創業企業的服務能力,但依然有短板。華南壹家大型投行人士在6月19日向記者表示, “A股自始至終未放松IPO的盈利要求,監管層對盈利的可持續性也壹直保持關註,壹些虧損但具有高成長性的企業比如美團,就無法達到A股上市的標準。”

  而在新三板方面,深圳壹家小型券商新三板人士19日談道,對新三板的沖擊會較大。新三板除了“轉板”值得可期外,目前別的政策優惠吸引力較小。

  截至目前,內地交易所依然在發揮資本市場對創新企業的支持作用,比如創業板改革。深交所總經理王建軍在6月17日第十九屆“中國風險投資論壇”上表示,深交所將不斷提升創業板包容性,提高對早期高新企業的支持能力。

  今年1月上交所則談道,中歐國際交易所股份有限公司正積極研究在2017年推出D股,提升中資企業在歐洲的品牌知名度,與德國這類制造業強國及擁有成熟產業集群的優勢與境外企業開展多元化合作。新三板依然在推動創新層的制度建設。

  阿裏巴巴、京東等互聯網龍(21.25, -0.10, -0.47%)頭已在美國上市,內地優質新興企業還在觀望,比如陸金所、螞蟻金服。據了解,螞蟻金服至今未透露上市地,但馬雲在2016年接受采訪時表示,香港必須對其上市規則進行改革,借此吸引新經濟產業,保持競爭能力,並繼續保持金融中心的地位。只要香港做好準備,會考慮讓持有支付寶的螞蟻金服赴港上市,但並不是壹個必然的結果。

  據21世紀經濟報道記者此前從接近螞蟻金服上市項目人士處獲悉,螞蟻金服的上市地點仍未有明確結論。

  投行的選擇

  新的上市環境變化已經產生,對於正在準備選擇上市地的企業而言,要根據自身的核心訴求和資質進行選擇。

  事實上,過往“香港上市”並非是大部分中資企業的首選。當2013年IPO財務大核查後,不少中資企業“轉道”H股上市,主要因為A股IPO審核時間較長,同時盈利要求未達到A股上市標準,但企業融資需求迫切。

  另有中資企業選擇A股上市則意在布局國際化業務,同時依托香港平臺希望得到境外投資者認可,這類多以大型企業比如金融機構為主。

  九州證券深圳事業部負責人張軍輝6月19日接受21世紀經濟報道記者采訪時稱,若港交所創新板得以順利實施,將對內地企業分流會有壹定影響,即吸引新經濟行業公司、但無盈利,按內地IPO要求又極難的企業;有同股不同權訴求的企業。

  深圳壹家創投企業合夥人19日向記者表示,港交所推出的創新板,對民營中小型企業吸引力更大,對大型高新企業而言則不然。“我認為香港目前的上市條件就不高,只要達到盈利要求,財務報表經得起審計等即可。所以事實上真正有實力的新經濟企業是有多種融資渠道可選,符合條件的首選內地,不符合的可以在紐交所,亦可在香港主板。創新板的推出不壹定能改變這類型企業的上市地選擇。”該創投企業合夥人談道。

  不過圍繞“同股不同權”問題,業內人士表示,雖然港交所“破冰”,但事實上采用該結構的企業並不多。

  前述深圳創投企業合夥人表示,這類需求不多。“內地企業發展多年,同股同權架構深入人心,大型企業壹般采用同股同權,壹些新興科技型公司也如此,同股不同權的企業畢竟是少數。”

  張軍輝談道,“內地同股不同權的企業不多,但因為未上市企業的股改很容易,故可調整同股不同權的安排,有很大吸引力。”

  另外,21世紀經濟報道記者調研的多位投行人士認為,盡管創新板能動搖壹部分企業上市地的選擇,但影響有限,留在內地上市依然是不錯的選擇。

  張軍輝告訴記者,如盈利滿足內地要求、無同股不同權的訴求,則還是首選內地上市。他進壹步解釋,內地上市後估值比境外高、A股流動性好;在上市後可以按照內地法律法規,無文化差異。

  前述華南投行人士則表示,隨著內地資本市場在進壹步深化改革,比如創業板。創業板是高新企業的聚集地,企業會依據文化、法律、同行估值的相近性選擇上市地,並不容易分流至港交所。

  估值的誘惑

  盡管港交所放寬上市條件以爭取更多新經濟企業上市,但A股的高換手率、高估值,依然是擬上市企業眷戀內地的重要理由。

  根據創新板咨詢文件對全球主要金融市場估值的統計,發現全球市場的市盈率平均在24.6倍,香港交易所(201.8, -1.20, -0.59%)只有13.4倍排在末尾,上交所為16.7倍;而深交所則達到34.9倍排在第壹位。

  但是,隨著新股發行的常態化,A股估值正經歷壹輪“去泡沫”。深圳壹家中型私募的投資經理19日告訴記者, A股“去高估值”是壹個漫長的過程。張軍輝亦表示,內地上市後估值比境外高的局面至少還會保持2-5年。

  自滬港通(13297.37, 13297.37, 0.00%)、深港通的開通,內地資金因港股估值窪地而瘋狂掃貨,隨著估值差逐漸抹平,未來兩地估值水平或將達到動態平衡。

  流動性強、換手率高是A股市場的另壹重要特征dermes 價錢。據了解,香港市場的成交情況往往是“二八定律”。以6月19日的成交情況進行統計,成交額在1000萬以上的股票共有426只,占比只有21%,但合計成交量在全市場占比95%。其中成交量排在前5的分別是騰訊控股(282.2, 3.40, 1.22%)(0700.HK)、中國平安(52.2, 0.05, 0.10%)(2318.HK)、香港交易所(0388.HK)、匯豐控股(68.65, -0.25, -0.36%)(0005.HK)、中國恒大(14.94, -0.06, -0.40%)(3333.HK),成交額合計為109.12億元,占全天成交額的23.17%。

  此外,中資企業出海上市,面臨的是境外投資者,其風格與A股散戶風格相距甚遠,同時對中資企業缺乏了解。

  前述創投企業合夥人表示,如果內地企業到香港上市,主要面向境外機構投資者,那麽意味著除非要把企業做得很有閃光點,否則不會引起境外投資者的註意;但關鍵是明星企業只是少數,大多都是資質稍微平庸的企業登陸創新板支付寶


  香港壹家私募基金合夥人在6月18日告訴記者,機構投資者壹般做價值投資,換手率低;他們更看重市盈率、派息率,以配置白馬股為主。“如果創新板有內地大型知名企業上市,是行業龍頭,會得到境外投資者的重視DPM價錢。”  


Posted by happyworld at 16:53Comments(0)

2015年10月30日

給你一個房子別出來

關起門來過日子,覺得日子也蠻好。一天天有變化,一年年在改善。

社會在進步,水漲船亦高。想古代,達官貴人還看不上彩電,用不上冰柜。如今呢,普通人花一兩塊錢就能上網,與世界上不同角落的陌生人對話!

十幾年前,商人拿著磚頭大的手機,“喂喂”地炫耀。現在誰還買不起個手機?

新鮮的菜秧洋芋很貴,等大批量上市了,自然就會便宜。有錢人嘗頭鮮,享受的是虛榮。沒錢人慢後吃,你能說他吃的不是洋芋菜秧?不過是個先後順序罷了。

今天你住大房子,我住小房子。明天你住別墅,我住大房子。今天你騎機車,我騎自行車。明天你開小轎車,我騎機車。反正都在進步,都在升級換代,只不過你總跑在我的前面。

關起門來過日子,就不會攀比。丈夫覺得妻子是最好的,妻子認為丈夫是最棒的。雖然是小日子,倒也風平浪靜。

俗話說,沒有比較就沒有鑒別,人比人氣死人。如果不是關起門來過日子,讓家裡的人走出去,或者放外頭的別人進家來,難免會碰出火花,心理可能不平衡。

我們原來過的哪叫日子啊?你看看人家張三,還有李四,多風光,多滋潤!

其實,家家都有一本難念的經。只是微笑背後的憂傷隱藏著,旁人一看,就見著好的了。人往往喜歡拿人家的好比自己的差,這一比,就比出遺憾,比出羡慕和嫉妒。

結論總是相對的,是依賴於背景的。足球放在籃球堆裏是最小的,放在桌球堆裏是最大的。矮子裡面拔將軍,終究也是個矮子。  


Posted by happyworld at 20:30Comments(0)